ここから本文です

人種差別行為グリエルにド軍ファン大ブーイング

2017/11/1(水) 13:02配信

東スポWeb

【カリフォルニア州ロサンゼルス発】アストロズのユリエスキ・グリエル内野手(33)は31日(日本時間1日)、ドジャースとのワールドシリーズ第6戦(ドジャー・スタジアム)に5番・一塁で先発。ドジャースファンから大ブーイングを浴びせられた。

 グリエルは27日(同28日)にヒューストンで行われた第3戦で、ダルビッシュから本塁打を放った直後に両手で目尻を引っ張り、目を細めるしぐさをテレビのカメラに捉えられ、同時にスペイン語でアジア人の蔑称を発した。人種差別的な行為だとして全米に波紋が広がり、米大リーグは来季開幕5試合の出場停止処分を科した。

 この日のグリエルは試合前の選手紹介はもちろん、打席に立つたびに厳しい洗礼を浴び続けた。2回の第1打席は一邪飛、4回は右飛、6回の第3打席に中前打を放つと、ドジャースファンの怒りのボルテージはさらに上がった。

 8回の第4打席は一邪飛だった。

最終更新:2017/11/1(水) 13:02
東スポWeb