ここから本文です

新東名が最高110km/hに引き上げ…覆面パトカーも出動し、取締り強化

11/1(水) 14:45配信

レスポンス

静岡県内の新東名高速の一部区間で、最高速度が110km/hに引き上げられた。11月1日朝10時の試行運用を前に、静岡県警高速道路交通警察隊は出発式で警戒を強めた。

[関連写真]

日本に高速道路が開通しておよそ半世紀。その間、100km/hという法定最高速度は変わることがなかったが同日、新東名森掛川IC~新静岡ICまでの約50kmで、試行的に引き上げられた。

「新時代を迎える。全国初の試みであり、国民の関心も高くの人が注目する110km/h試行。我々の使命は、安全に試行を行うことであり、交通事故を発生させないこと」と、高速道路交通警察隊の望月裕正隊長は、隊員を前に訓示を行った。

出発式には高速隊新静岡分駐隊と交通機動隊から、パトカー6台と覆面車両6台が参加。高速隊と交通機動隊が連携して、警戒活動を強化する。

最高速度が引き上げられたとはいえ、その試行区間は新静岡~森掛川の約50kmだけだ。引き上げの事実だけが先行して、限定的であることを運転者が認識していないことを懸念する。また、110km/hで走行できるのは、それまで100km/hが最高速度とされていた車両だけだ。大型バス、中型貨物の一部、普通自動車、オートバイだけだ。例えば、80km/hの規制を受けていた大型トラックは、そのままだ。速度差のある車両が、それをさらに拡げて混走することになる。

望月氏は、取締り重点を次のように述べた。「速度超過違反、車間距離不保持、通行帯違反などの指導・取締りを強化し、交通事故を未然に防止するとともに、被害軽減に効果のあるシートベルト非着用違反の指導・取締りの強化をお願いする」。

試行運用では、年間を通じて深刻な事故の危険性がないか。期間中の事故分析などを通じて安全の検証が行われる。

通常は法定速度の標識は設置しないが、110km/h区間は例外的なため98か所に、速度規制を示す電光標識がある。荒天などでは規制速度が変わるため電光式だ。また、110km/h区間が終わる両端6か所には、この先100km/hであることを示す標識も設置されている。

《レスポンス 中島みなみ》

最終更新:11/1(水) 14:45
レスポンス