ここから本文です

G坂本の予言的中 中央学院&明秀学園日立が甲子園初出場“当確”

11/1(水) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 明治神宮大会(11月10日開幕)の出場校が各地で決まっている。

 10月31日は静岡が2年連続で東海大会を制した。関東は先月28日の決勝で千葉の中央学院(千葉2位)が6―5で明秀学園日立(茨城1位)を破って初優勝。中央学院は千葉県我孫子市にある私立校で、昨秋も関東大会8強に進出し、甲子園にあと一歩のところまできていた。

 スポーツライターの美山和也氏がこう言う。

「エースで4番の大谷は投打でプロ注目の選手。指揮を執る相馬監督は、市船橋高、大体大、シダックス出身の理論派です。各選手に100ページにも及ぶ中央学院野球部マニュアルを手渡して、投手、野手などのコーチが分担して選手の面倒を見る。選手は千葉県内、茨城・取手など周辺地域が中心ですが、千葉に隣接している東京・江戸川区にあるいくつかのシニアチームには、中央学院のスカウトがよく視察や勧誘に訪れるそうです」

■巨人の坂本「強くなると思いますよ」

 準優勝の明秀学園日立も春夏通じて甲子園初出場は当確。青森・光星学院(現・八戸学院光星)監督時代に甲子園出場経験のある金沢成奉監督は、巨人の坂本勇人やDeNAの高卒新人・細川成也らを育てている。

 2012年に就任した際、坂本は「あの人、めちゃくちゃ厳しいから、強くなると思いますよ」と予言していた。前出の美山氏が続ける。

「こちらも秋の関東大会は2年連続出場で、甲子園にあと一歩のところまできていた。光星学院の礎を築いた時のように、大阪、兵庫といった関西圏の選手が多い。破壊力のある打線とエースはDeNA細川の弟で140キロ超の好投手。金沢監督は光星学院時代、00年夏の4強など春夏計8度の甲子園経験があるだけに、初出場といっても、虎視眈々と上位を狙っているはずです」

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/23(木) 20:45