ここから本文です

トヨタ博物館 クラシックカーフェスティバル、100台が銀座中央通りをパレード 11月25日

2017/11/1(水) 15:51配信

レスポンス

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、「2017 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を11月25日に東京・明治神宮外苑で開催する。

[関連写真]

同イベントは、明治神宮外苑聖徳記念絵画館の前をメイン会場とし、一般参加のクラシックカー約100台による銀座中央通りを通過するパレードや展示をはじめ、トヨタ博物館が収蔵するクラシックカーの展示や走行披露など多彩なプログラムを展開する。

今年の企画展示のテーマは「過去を振り返り未来を想う-動力源の遷り変わり-」。19世紀後半に登場した世界最初と言われるガソリン自動車(レプリカ)をはじめ、同時代の蒸気や電気を動力源とするクラシックカー、世界初の量産ハイブリッド乗用車「初代プリウス」、世界初の量産燃料電池車「MIRAI」など動力源の異なる7台を展示。燃料の遷り変わりとともに進化した自動車の動力源の変遷を映像と実車走行で紹介する。

また11月5日にはメガウェブ(東京都江東区)にて、デザインディレクターの桐山登士樹氏とクリエイティブ コミュニケーターでデザイナーの根津孝太氏によるトークイベントを開催する。デザインを核にビジネスの創出をプロデュースしている桐山氏と、電動バイクなどワクワクするデザインを生み出し続けている根津氏。幅広い見識から、動力源の遷り変わりに伴い多様化するこれからのモビリティ、ライフスタイルなどについて語り合う。なお、メガウェブでは11月19日までヒストリーガレージ特別展示「自動車・動力源の変遷」を開催している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:2017/11/1(水) 15:51
レスポンス