ここから本文です

カン・ドンウォン主演映画「隠された時間」、パリ韓国映画祭「観客賞」受賞

2017/11/1(水) 11:01配信

WoW!Korea

第12回パリ韓国映画祭でメインセクションのペイサージュ(Paysage)セクションの観客賞に映画「隠された時間」(監督:オム・テファ)が選定された。

隠された時間の紹介と写真

 先月24日から31日までパリでおこなわれたパリ国際映画祭は総観客数1万4000人を突破し、成功的に幕を下ろした。メインセクションのペイサージュセクションの観客賞はオム・テファ監督の「隠された時間」が受賞し、観客審査員団賞特別言及にはチャン・リュル監督の「春夢」が選定された。閉幕作には「チャン・サンボム」(監督:ホ・ジョン)が上映された。

 公式短編映画コンペティション部門のショートカットセクションのFly Asiana最優秀短編賞の栄誉はペ・ギョンホン監督の「近くに」、審査委員特別言及にはユン・ジェホ監督の「ヒッチハイカー」が選定された。

 ことしのゲストには「タクシー運転手」のチャン・フン監督に続き、「I CAN SPEAK」のキム・ヒョンソク監督、俳優イ・ジェフンをはじめ、「Jamsil」のイ・ワンミン監督、女優キム・セビョク、「Jane」のチョ・ヒョンフン監督が招待された。

最終更新:2017/11/1(水) 11:01
WoW!Korea