ここから本文です

本田、岡崎、香川を召集外としたハリル監督の深謀遠慮

11/1(水) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 10日のブラジル代表戦(フランス・リール)、14日のベルギー代表戦(ブルージュ)の日本代表メンバー25人が10月31日に発表されたが、長らく日本代表の看板を背負ってきた3人衆の名前がなかった。

 メキシコ・パチューカのFW本田圭佑(31)、英プレミア・レスターのFW岡崎慎司(31)、ブンデスリーガ・ドルトムントのMF香川真司(28)だ。

 2010年南アW杯以降、国内組限定の日本代表の試合以外、3人そろって不在は初めて。ハリルホジッチ監督は招集外とした理由を「前回の合宿で彼らの動きを評価できなかった。本来の姿に立ち戻れば、ここ(代表)に帰って来られる」とコメントした。サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏が、こう解説する。

「いつも『代表入りは競争。パフォーマンスの良い選手を選ぶ。名前(と実績)は関係ない』が口癖のハリルホジッチ監督ですが、本田、岡崎、香川の3人についてはコンディション、プレーのクオリティーが戻った時点で代表候補のひとりとして考えるのではなく、あくまで『復調=代表入り』が前提の選手です。なので今でも代表の主軸扱いに変わりはなく、もちろん『これで代表引退』ということではありません」

 もっとも、3人の中で「香川の立ち位置は微妙になりつつある」(サッカー関係者)ともっぱら。

「ハリルは、個々の選手のコミュニケーション能力の有無を評価ポイントにしている。試合中に流れが悪くなった時、ピッチ上で選手同士が局面を打開しようと会話を交わす際、ボキャブラリーを含めてコミュニケーション能力が重要になってくるからです。ハリルが高く評価している選手はGK川島永嗣(34=フランス・メス)、DF吉田麻也(29=英プレミア・サウサンプトン)、MF長谷部誠(33=ブンデスリーガ・フランクフルト)にFWの本田と岡崎の5人です。残念ながら、香川はピッチ内外で低いと判断されている。なかなか全盛期のプレー精度が戻ってこない現状を踏まえ、代表当落線上に格下げになる可能性はある」(前出の関係者)

■ACL決勝の日程も考慮

 今回の代表発表では浦和所属選手の復帰が目についた。10月のニュージーランド戦、ハイチ戦のメンバーで浦和選手はDF槙野智章(30)、MF遠藤航(24)の2人だけだったのに、復帰組のGK西川周作(31)とFW興梠慎三(31)、初代表のMF長澤和輝(25)も加えて計5人の一大勢力となった。

 このことも3人衆の招集外と無関係ではない。

「浦和は、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝進出を決めており、対戦相手のサウジアラビア・アル・ヒラルと18日、敵地での第1戦に臨む。浦和所属の5選手は、14日のベルギー代表戦の後、そのまま欧州に残って直接サウジ入りする。日本から向かう選手よりも時差ボケに悩まされることもなく、良好なコンディションを維持できる。ハリルはJリーグや浦和の関係者と話し合って『本田、岡崎、香川を外して浦和の選手を多めに選び、ACLのために試合や練習で決して無理はさせないと約束したようだ』と話している人もいる」(放送関係者)

 いろいろな事情が重なったということなのだ。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合