ここから本文です

ソニーモバイルのコミュニケーションロボットは日々の暮らしをアシストする

11/1(水) 10:10配信

MONOist

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2017年10月17日、家族一人一人を認識して自ら話しかけることで、日々の暮らしをアシストするコミュニケーションロボット「Xperia Hello! G1209」を発表した。発売は同年11月18日の予定で、現在予約を受付中。ソニーストアでの価格は14万9880円(税別)となっている。

【「Xperia Hello!」の使用イメージ】

 同製品の特徴として、まず「家族の一員として親しみやすいコミュニケーション機能」がある。同社のセンサー技術と画像・音声認識技術に加え、ロボティクス技術を活用して開発され、周囲の状況を認識して自ら動き、話せる。話しかけた人の方に体を向けて会話を始め、本体上部の目の役割を果たすランプとしぐさで、「行かないで」「バンザイ」「すねる」「盛り上げる」などの表現ができる。

 本体下部には人感センサーを4つ、マイクを7つ備え、半径約3mでの人の接近を検知。顔識別などができる家族を10人まで登録でき、登録した家族の顔を本体上部のカメラで認識すると、伝えるべき情報や伝言、ニュースなどを伝達する。

 また、「家庭に会話のきっかけを生み出すコミュニケーション機能」として、同製品から家族のスマートフォンへ連絡できる機能がある。例えば「お父さんにメッセージ」と話しかけてメッセージを伝え、LINEに送信し、「お父さんに電話」と話しかけてSkypeで音声・ビデオ通話、「お父さんに伝言」と話しかけてビデオ伝言でメッセージを残す、といった使い方ができる。同製品にLINEで家族宛てメッセージを送信すると、顔を識別して正しい宛先の人にメッセージを伝えることができる。誕生日、結婚記念日など家族のイベントを登録し、会話のきっかけを作る役目にも使える。

 「留守中に便利な家族の見守り機能」では、外出先からLINEで同製品に連絡すると、リビングなどの様子を撮影し、画像をスマートフォンなどへ送付したり、家にいる家族の顔を認識した時間も確認したりできる。

 さらに「日々の生活に必要な各種情報の個別通知機能」では、家族一人一人を認識し、ニュース、交通情報、天気予報、伝言などの各種情報を能動的に発話する。ソニーエージェントテクノロジーによる、音声認識でのインターネット検索も可能だ。

 サイズは直径約111×高さ約216mmで、重さは約1085g。OSはAndroid 7.1。通信にはWi-Fi、NFC、Bluetooth 4.2を搭載。センサーは加速度、地磁気、GPS、ジャイロ、照度、気圧、気温、湿度、人感の9種を、ディスプレイは約4.6インチ液晶(1280×720画素)を搭載している。

最終更新:11/1(水) 10:10
MONOist