ここから本文です

【RISE】森本“狂犬”吠える、他選手も舌戦を展開

11/1(水) 21:10配信

イーファイト

 11月23日(木・祝)東京・TDCホールで開催される『RISE 121』の記者会見が、1日(水)都内にて行われた。

【フォト】毒舌っぷりを発揮した太々しい態度の宮崎

 優勝賞金200万円の『DEAD OR ALIVE TOURNAMENT』(通称DoA)の全出場選手とトーナメント組み合わせが決定。エントリーした8名が会見に出席した。

 最も気を吐いたのは10月に開催された『RIZIN』にも出場し、逆転KO勝ちで名をはせたRISEフェザー級1位・森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラ葛西)。

「RISEの狂犬です。優勝するのはもちろん、こっちも死ぬ覚悟でぶっ殺してやるので覚悟してこいよ」と、ほかの7人に宣戦布告。特に今回は他団体王者4名が参加していることから「俺はデビューからずっとRISEでやってきているので、他団体のヤツらはただじゃ帰さない、それくらいの覚悟がある」と凄む。さらに、優勝賞金200万円にKOボーナスを加えると最大で270万円を手にすることが出来ることに関しては「(そのお金で)俺とやって死んでいったヤツらの墓でもたててやる」と豪語した。

 この発言に対して、1回戦で森本と対戦するルンピニー・ジャパン・フェザー級王者の翔貴(岡山ジム水島道場)は、「人を簡単に殺すとか言うのはよくないと思うので、僕はそんなこと言わずに、僕がぶっ殺す(笑)。賞金の使い道は、みんなの墓はたてたくないので一人だけ、森本の大きな墓をたててやる」と真っ向から対抗。

 森本が「試合を見たことないので分からないがパンチが得意だと言っていたので、俺も得意なその土俵に付き合ってくれるなら1Rで絶対に殺せる」と言えば、翔貴は「僕も見たことないですが強いと思います。殺すと言っているので俺が殺してやる。待っておけよ」と言い放った。

 RISEフェザー級6位・宮崎就斗(TARGET)も毒舌を吐いた。「自分のような実績のない選手がアップセットを起こして優勝するのがDoA。自分が全員倒して優勝します」と優勝宣言すると、1回戦の相手であるWBCムエタイ・インターナショナル フェザー級王者MOMOTARO(OGUNI-GYM)について「試合映像を見まくっていますが、印象は試合がつまらない」と言ってのける。さらには、「(4人が)他団体の王者らしいですけれど、RISEの厳しさを教えて僕が一人で試合を盛り上げる」と、“俺が主役”と言わんばかり。

 また、賞金の使い道を聞かれると「270万円なんて遊んだらすぐに使い終わっちゃうと思います」と豪傑ぶりを発揮した。

最終更新:11/1(水) 21:10
イーファイト