ここから本文です

爆問・田中 吉田アナ介抱で自分への称賛は「誤解」 その理由は…

11/1(水) 8:15配信

デイリースポーツ

 漫才コンビの爆笑問題が1日未明放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」に出演し、29日のTBS系「サンデー・ジャポン」生放送中に、同局の吉田明世アナが貧血の症状を訴えた際の裏話を明かした。爆笑問題の田中裕二がふらつく吉田アナを支え、椅子に座るよう促したとネット上を中心に称賛されたが、太田光はこの行為を「結果的に田中は吉田の苦しみを増しただけ」と指摘。田中もこれを完全には否定しなかった。一体、どういうことなのだろうか。

【写真】吉田アナ「手を握れるんだ…」

 ラジオ冒頭のフリートークで吉田アナの話題に触れると、田中は「俺がさ、ネット上で大絶賛されてるらしい」と切り出した。太田はカメラに映っていない場面の話として、「本当のことを言うと、吉田さんはちょっとだめだと自分で判断して、はけようと(画面から外れようと)してこっちに向かってきた」と振り返り、「それを田中は押しとどめていた。『ちょっと待てまだスタジオだぞ』と」と続けた。

 田中は最後の「ちょっと待てスタジオだぞ」という点は「そうじゃない!」と反論しつつ、「倒れたら困るからとりあえず座りなさいって。水でも飲まなきゃぐらいの感じで」と自分の考えを振り返った。しかし、太田は「V発射した後(VTRが始まった後)、一切、(田中は)吉田のこと見てないから。あれね、座らせた意味、何もないですよ。座ってV発射した後、吉田は自分で立ってはけてる。結局、1回、苦しみを増しただけ!苦しい時間を増しただけ!田中は!」とまくしたてた。

 さらに太田はたたみかけ、医師でタレントの西川史子ら共演者が退席した吉田アナを介抱する間、田中は「V(TR)に行った後、見もしない」などとしてなじった。「俺は打ち合わせとかしてたから!」、「俺が行ったところで、なんの足しにも(ならない)」と反論した田中だったが、吉田アナが退席しようとするのを邪魔したという指摘には、「それは本当、申し訳ない。はけようとしたって思ってないから」と謝罪していた。

 こうした太田の田中いじりは「カーボーイ」の名物で、笑いにつなげるために太田がきつい物言いをすることが定番ではある。ただ、それを踏まえても田中が称賛されていることが太田は納得いかないようで「口をすっぱくして言いたい。吉田に苦しみを加えたんだから!結果的に」とリスナーに何度も釘をさした。田中も自身についての記事を紹介しながら「良い方の誤解的な」と、気恥ずかしそうにしていた。

 また、2人で共通している見解は吉田アナが働きすぎではないかという点だった。吉田アナは貧血を起こした翌日の30日、レギュラー出演している「ビビット」とラジオの「たまむすび」の2つの生放送レギュラーに出演したが、田中は「生放送2つって月曜日(吉田アナは)きついんですよ」と気遣うと、太田も「全然大丈夫っていっても、(言葉を)かみそうになると、またろれつまわってないんじゃないかとちょっと心配になるよね」と思いやっていた。