ここから本文です

おれたちが知ってる「ドラえもん」があんな姿やこんな姿に 28組の現代アーティストが描く「ドラえもん展」六本木で開幕

11/1(水) 0:24配信

ねとらぼ

 ドラえもんたちが牛革、漆、屏風(びょうぶ)、黒板アート――素材だけでもいろんな形に変身。日本を代表するアーティスト28組30人がそれぞれ“世界にひとつだけのドラえもん”を作った企画展「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が、2017年11月1日から2018年1月8日まで六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで開催される。10月31日に行われた内覧会の様子を紹介しよう。

【写真23枚】THE ドラえもん展レポート

 「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」は、2002年~2006年に全国13会場を巡回した「THE ドラえもん展」の続編となる企画展。前回も参加した奈良美智さん、蜷川実花さん、福田美蘭さん、村上隆さん、森村泰昌さんを筆頭に、会田誠さんやしりあがり寿さんなどこの15年間で頭角を表した作家、幼いころからドラえもんを見て育ったいわゆる“ドラえもん世代”である新進気鋭の作家まで、幅広い世代のアーティストが参加している。

 今回のテーマは「ドラえもんと現代アートの競演」。15年前のラインアップはデザイン、映像、写真作家が多く、現代美術作家はごく少数だったのに比べ、「今回は『美術』の濃度が高まった」と企画展監修の山下裕二さん(明治学院大学教授)は図録で振り返っている。「この15年の間に、いわゆる現代美術が、大きく裾野を広げたという動向を反映しているからなのである」(本展図録より)。

 そのような28組が「あなたのドラえもんをつくってください」というシンプルな“お願い”に応える形で制作した「ドラえもん」は、順路を1つ進むたびに見る者のドラえもん像を打ち壊してくれる。例えばしずかちゃんをテーマにした3つの作品だけでも次のような自由奔放っぷりだ。

 鴻池朋子さんの「しずかちゃんの洞窟(へや)」は12×5メートルの大きな牛革いっぱいに、しずかちゃん、それを取り囲むようにのび太たちやさまざまな動物を水性クレヨンで描かれている。薄明かりで照らされた牛革はまるでラスコー洞窟の壁画のようで、しずかちゃんに原始や母性的な何かを感じてしまう。

 シャワーを浴びるしずかちゃんをセル画のようなアクリル画で描いた会田誠さんの「キセイノセイキ~空気~」は、なんと肝心なしずかちゃんが“見えない”。ひみつ道具のせいなのか彼女は透明で、シャワーから滴り落ちる水の形から、なんとなくしずかちゃんを見いだす作品となっている。おなじみのお色気シーンが余計につややかに見えるなど、いろいろと刺激的な一枚だ。

 「本展でもっとも驚かされた作品の1つ」と監修の山下さんが触れていた、坂本友由さんの「僕らはいつごろ大人になるんだろう」。びしょぬれになった巨大なしずかちゃんを小びとになった気分で見上げる、約3×1メートルの大きなアクリル画だ。映画「ドラえもん のび太の宇宙小戦争」の小びとの惑星で彼女が海から上陸したワンシーンを切り取っているが、しずかちゃんは顔を赤らめながらスカートの裾をしぼり、その下には虹がかかりと、フェティシズムも感じ取れる作品となっている。

 展覧会の出口には、「ドラえもんがいてくれたらと、今日も思う。」という一文が書かれている。アーティストたちが独自のフィルターを通して形にした「ドラえもん」たちは、日常に溶け込んでいた「あなたのドラえもん」を見つける足掛かりとなるかもしれない。

●開催情報
「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」
会期:2017年11月1日~2018年1月8日 会期中無休
時間:10時~22時(火曜日は17時まで 入館は閉館の30分前まで)
会場:六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリー
入場料(当日):一般1800円、中高生1400円、4歳~小学生800円
公式サイト:http://thedoraemontentokyo2017.jp/

最終更新:11/1(水) 0:24
ねとらぼ