ここから本文です

新東名高速、一部区間で最高速度110キロに 11月1日から

11/1(水) 13:28配信

ねとらぼ

 新東名高速道路の一部区間で11月1日10時から、最高速度が試験的に時速110キロに引き上げられました。実施区間は新静岡インターチェンジ(IC)から森掛川ICの約50キロです。

【画像:新たに設置される「最高110キロまで」の標識】

 これは、警察庁らが2016年3月に受けた「高規格の高速道路における速度規制の見直しに関する提言」を反映し、試験的に約1年間行われるもの。規制速度の引き上げによって事故発生率や移動速度、効果の変化などを検証するのが目的です。検証結果を踏まえ、規制速度時速120キロへの引き上げや他の路線、区間の規制速度引き上げ実施が検討されます。

 新東名高速道路は、設計速度を時速120キロとする第1種第1級の高規格高速道路として2012年に開通。その中でも新静岡IC-森掛川IC間は「3車線区間の割合が高い」「1キロ当たりの交通事故率が低い」「霧や大雨などの視界不良で最高速度が規制されることが少ない」ことから今回の試行区間に選定されました。

 「規制速度が時速110キロまで」になる車両は、普通自動車、自動二輪車、大型バス、最大積載量5トン未満の中型トラックなどです。重大事故へのリスクから、大型トラックは現行の時速80キロに据え置かれます。

 なお、静岡県警は「最高速度は110キロに引き上げられますが、時速110キロで走行する必要はありません。交通状況に応じた安全な速度で走行してください」と注意を促しています。速度規制が引き上げられたしても安全運転を心掛けましょう。

 なお規制速度の引き上げについては、東北自動車道の花巻南IC-盛岡南IC間でも試行が予定されています。

最終更新:11/1(水) 13:28
ねとらぼ