ここから本文です

【アルゼンチン共和国杯】セダブリランテス 併入「今回も力を出せる態勢」

11/1(水) 20:46配信

東スポWeb

【アルゼンチン共和国杯(日曜=5日、東京芝2500メートル)注目馬1日最終追い切り:美浦】予定したセントライト記念を挫石で回避したセダブリランテス(写真手前)。ここは目指した菊花賞から変更された舞台となるが、この日は南ウッドで隙のない仕上げをアピールした。

 先行するバトルマイスター(2歳新馬)、スターフィールド(2歳500万下)を目標に5ハロンから進み、4角でインに潜って直線へ。併入フィニッシュとはいえ、乗り手の体重差を思えば内容は十分だ(66・4―37・6―12・9秒)。

 手塚調教師「ゴール過ぎも伸ばしているし、これまで稽古と実戦が直結した馬。今回も力を出せる態勢でしょう。(距離は)経験がない分、不安もあるが、かかる馬ではないし、血統背景は問題ない。今後の可能性が広がる競馬ができれば」

 無敗でのGII制覇で一気にスターホースへの階段を駆け上がるか、注目だ。

最終更新:11/1(水) 20:57
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ