ここから本文です

EIZO、手術室向けディスプレイ「CuratOR」に高輝度表示対応の26型/31.5型モデル

11/1(水) 15:55配信

ITmedia PC USER

 EIZOはこのほど、手術用のフルHD表示対応ディスプレイ「CuratOR EX2620」「同 EX3220」の2製品を発表、それぞれ2018年3月20日/2017年12月4日に販売を開始する。価格はともにオープン。

 2製品はともに手術室での利用を想定したフルHD表示対応のディスプレイで、高輝度/高コントラスト表示に対応。輝度は26型モデルのEX2620が700cd/m2、31.5型モデルのEX3220が600cd/m2。コントラスト比はともに1400:1を実現している。

 手術室内での安全性と衛生面に配慮し、角のない丸みを帯びたデザインとフルフラット設計の前面パネルを実現した。防塵(じん)/防水等級は前面がIP45、全体がIP32に準拠している。

最終更新:11/1(水) 15:55
ITmedia PC USER