ここから本文です

9度死にかけた少年の謎描く映画、あらすじをイラストレーター・死後くんがマンガ化

11/1(水) 17:00配信

映画ナタリー

9年間で9度死にかけた少年の謎を描く「ルイの9番目の人生」。本作のあらすじをイラストレーターの死後くんがマンガ化した。

【写真】「ルイの9番目の人生」ポスタービジュアル(他1枚)

本作は、アンソニー・ミンゲラの息子マックス・ミンゲラがプロデュースと脚本を担当し、「ピラニア3D」「ホーンズ 容疑者と告白の角」のアレクサンドル・アジャが監督を務めた心理サスペンス。9年間で9度生死の境をさまよう状況に陥るも、その都度一命を取り留めてきた少年ルイ・ドラックスの真実に迫る。カナダ出身の子役エイダン・ロングワースがルイを演じ、ジェイミー・ドーナン、サラ・ガドン、アーロン・ポールが脇を固めた。

マンガでは、ルイの数奇な人生に起きた出来事や彼を取り巻く人々が、ルイ本人の視点から解説されている。なおこのマンガは、冬より映画館にて配布されるチラシにも掲載予定だ。

「ルイの9番目の人生」は2018年1月20日より東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにてロードショー。



(c)2015 Drax (Canada) Productions Inc./ Drax Films UK Limited.

最終更新:11/1(水) 17:00
映画ナタリー