ここから本文です

生田斗真 クドカン脚本大河に出演 裸シーン再び…「体作り」宣言

11/1(水) 17:10配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優・中村勘九郎と俳優・阿部サダヲが主演を務める、2019年NHK大河ドラマ「いだてん」の出演者発表会見が1日、都内の同局で行われ、綾瀬はるか、大竹しのぶ、生田斗真、シャーロット・ケイト・フォックスらが追加キャストとして出席した。

 「いだてん」は1964年東京五輪を招致するキーマンとなった2人の人生を、主演2人の“リレー形式”で描く。マラソン選手の金栗四三氏を勘九郎が、日本水連会長も務めた田畑政治氏を阿部が、それぞれ演じる。

 追加キャストの役どころは金栗の関連人物で、綾瀬は金栗の妻・春野スヤ役、大竹は金栗の養母・池部幾江役、生田は金栗の盟友・三島弥彦役となる。

 ドラマ「うぬぼれ刑事」(TBS系)や映画「土竜の唄 香港狂想曲」などでクドカンとタッグを組んできた生田は、「宮藤さんとはたくさん(作品を)作ってきましたが、裸にさせられることが多くて」と笑わせ、「今回も裸になる予定があるので、お茶の間に恥ずかしくないよう、体作りをしたい」と意気込みを語った。