ここから本文です

創価大が3年ぶり明治神宮大会へ、2年生右腕・小孫7回1/3無失点救援

11/1(水) 17:52配信

デイリースポーツ

 「関東地区大学野球選手権・準決勝、創価大4-3上武大」(1日、サーティーフォー相模原)

 創価大が逆転勝ちで決勝に進出し、3年ぶりの明治神宮大会出場を決めた。

 3点を追う三回に南遼太郎内野手(4年・創価)の左越え3ランで同点に追いつくと、五回には敵失で勝ち越した。投げては二回途中から救援した小孫竜二投手(2年・遊学館)が、7回1/3を6安打無失点の好救援をみせた。

 昨年大会は田中正義(現ソフトバンク)、池田隆英(現楽天)の二枚看板を擁しながら初戦敗退。岸雅司監督は「悔しさをみんなで晴らそう」とナインに気合を入れて、今大会に臨んでいた。

 この日は、2回戦で1失点完投勝利を挙げた杉山晃基投手(2年・盛岡大付)が志願の連投で先発したが、序盤で3点を失う。ここでリリーフしたのが、同級生の小孫。流れを変える快投に「あいつのためにも、絶対に抑えてやろうと思った。初回からいつでもいける準備はしていた」と胸を張った。

 ともに最速150キロ台を誇る2年生右腕コンビ。切磋琢磨(せっさたくま)する姿は、正義、池田の二枚看板をほうふつとさせる。昨年からリーグ戦に登板し、間近で先輩から学んできた小孫は「今度は杉山と自分が創価大を引っ張って行けるようにしたい」ときっぱり。岸監督は「今年はスターがいない。みんな主役。なかなかこういう試合はできない。大したもの」と目尻を下げた。