ここから本文です

八代亜紀の「夜のつづき」をアナログでもハイレゾでも、森久保祥太郎も推薦

11/1(水) 18:02配信

音楽ナタリー

八代亜紀の最新アルバム「夜のつづき」のアナログ盤が本日11月1日にリリース。これに合わせ、アルバムのトレイラー映像がYouTubeで公開された。

【写真】「ハイレゾ音源大賞」2017年10月度セレクターの森久保祥太郎。(他2枚)

「夜のつづき」は八代が本格的なジャズに取り組んだアルバムの第2弾で、2012年に発売されたジャズアルバム第1弾「夜のアルバム」に引き続き小西康陽がプロデュースを担当した。アナログ盤は小西監修のもと、10月11日に発売されたCD盤とは曲順が大幅に変更され、かつCD未収録のトラックも追加されている。

また本作はハイレゾ音源も配信されており、ハイレゾ音源配信サイト7社が行っている連合企画「ハイレゾ音源大賞」2017年10月度の大賞作品に選出された。「ハイレゾ音源大賞」はハイレゾ音源配信サイト各社がその月に発売されたハイレゾ作品から1タイトルを推薦し、月替わりのセレクターが大賞を選出するというもの。10月度は声優でアーティスト活動も行っている森久保祥太郎がセレクターを務め、人間椅子「異次元からの咆哮」、Cornelius「Mellow Waves」、ロバート・プラント「Carry Fire」などの候補作が並ぶ中、森久保は八代の「夜のつづき」を大賞作品に選んだ。

森久保は選定の理由について「音楽的にも音響的にも耳を奪われた『夜のつづき』は、1枚通して聴いてみたいなと思い選びました」とコメント。八代はこの受賞を受け、自身の作品について「これから秋から冬にかけて、皆様にもゆったり聴いて楽しんでいただけたら嬉しいです」と語っている。

「ハイレゾ音源大賞」2017年10月度セレクター
森久保祥太郎 コメント


八代亜紀さんは、演歌っていう印象がありますけど、こういうクラブジャズっぽいのも良いですよね。今回新たな一面を見せてもらいました。このボードの裏に八代さんがいらっしゃるんじゃないかと思うくらいの臨場感がありました。音楽的にも音響的にも耳を奪われた「夜のつづき」は、1枚通して聴いてみたいなと思い選びました。

「ハイレゾ音源大賞」2017年10月度 大賞受賞
八代亜紀 コメント


ハイレゾ音源大賞の受賞、とても光栄です。
アルバム「夜のつづき」は、ビッグバンドをバックに歌ったダイナミックな曲もあれば、私がまるで耳元で囁いているように聞こえる曲もあります。
プロデューサーの小西康陽さんとエンジニアの廣瀬修さんのコンビによる音作りには、今回もたいへんワクワクしました。
これから秋から冬にかけて、皆様にもゆったり聴いて楽しんでいただけたら嬉しいです。
八代亜紀

八代亜紀「夜のつづき」収録曲
アナログ盤
SIDE A
01. 夜のつづき #1
02. フィーヴァー(オリジナル:ペギー・リー)
03. 黒い花びら(オリジナル:水原弘)
04. 涙の太陽(オリジナル:エミー・ジャクソン)
05. 夜のつづき #2(赤と青のブルース)
06. 赤と青のブルース(オリジナル:マリー・ラフォレ)
07. 男と女のお話(オリジナル:日吉ミミ)

SIDE B
01. 帰ってくれたら嬉しいわ(オリジナル:ヘレン・メリル)
02. 旅立てジャック(オリジナル:レイ・チャールズ)
03. ワーク・ソング(オリジナル:オスカー・ブラウン・ジュニア)
04. カモナ・マイ・ハウス(オリジナル:ローズ・マリー・クルーニー)
05. にくい貴方(オリジナル:ナンシー・シナトラ)
06. 恋の特効薬(オリジナル:The Searchers)
07. 夜が明けたら(オリジナル:浅川マキ)

CD盤
01. 帰ってくれたら嬉しいわ
02. フィーヴァー
03. 黒い花びら
04. 涙の太陽
05. 旅立てジャック
06. ワーク・ソング
07. カモナ・マイ・ハウス
08. にくい貴方
09. 恋の特効薬
10. 夜のつづき(※インストゥルメンタル)
11. 赤と青のブルース
12. 男と女のお話
13. 夜が明けたら

最終更新:11/1(水) 18:02
音楽ナタリー