ここから本文です

「オトナ高校」城田優が三浦春馬と制服姿で共演、総理大臣の童貞息子役

11/1(水) 19:00配信

映画ナタリー

三浦春馬が主演を務める土曜ナイトドラマ「オトナ高校」の第4話と第5話に、城田優がゲスト出演する。

【写真】土曜ナイトドラマ「オトナ高校」より、三浦春馬扮する荒川英人。(他7枚)

本作は、性経験のない30歳以上の男女“やらみそ”が入学させられる“オトナ高校”で、青春をやり直す人々の姿を描く学園ドラマ。東京大学を卒業したトップバンクの行員というエリートでありながら、実は童貞の“チェリート”荒川英人に三浦が扮するほか、高橋克実、竜星涼、松井愛莉、黒木メイサがキャストに並ぶ。

城田が演じるのは、総理大臣の息子で童貞の岩清水。オトナ高校に入学した彼は百戦錬磨の教師陣を次々と論破し、校則を無視する反面、ピアノ一筋という役どころだ。三浦と黒木とは仲良しだという城田は「実は今回、制服を着るのも、春馬と“学園ドラマ”で共演するのも久しぶり。だから、懐かしさを感じています。30歳を超えた男ですけど(笑)、制服を着ると何だか若返った感覚にもなる! 気分が上がって、撮影していても楽しいです」とコメントを寄せた。

「オトナ高校」はテレビ朝日系にて、毎週土曜23時5分から放送中。第4話は11月4日にオンエアとなる。また、auの動画配信サービス・ビデオパスでは、放送終了後に各話を見放題独占見逃し配信。さらにスピンオフ作品「オトナ高校 エピソード0」が、ビデオパスとAbemaTVで配信中だ。

城田優 コメント
「オトナ高校」の作品性と今回演じる岩清水の印象
「オトナ高校」はただのコメディーじゃなく、現代社会に斬り込んだドラマ。実際、年を重ねてもまだ性経験のない人が、僕の知人にもいるんですよ。そういう人たちを集めて学校を作るというアイデアが面白いし、視聴者にもウケているんだと思います。岩清水に関しては、総理大臣の息子でも童貞でもない僕にとって、想像で演じることしかできない難しい役。だからこそ逆に、どっちにも転ばせることができる面白い役だな、と思いました。実は今回、制服を着るのも、春馬と“学園ドラマ”で共演するのも久しぶり。だから、懐かしさを感じています。30歳を超えた男ですけど(笑)、制服を着ると何だか若返った感覚にもなる! 気分が上がって、撮影していても楽しいです。

ピアノ一筋の役柄について
実は来年公開の映画でもピアニスト役を演じてるんです(笑)。昔、特技はピアノと言ったのが独り歩きしちゃって、高度な演奏を求められるんですよね。でも、実はそこまでは弾けないんですよ(苦笑)。説得力に欠けるしなぁ……と、オファーを頂いたときは悩みました。そんな中で今回は、正直なところ、三浦春馬と黒木メイサが出てるからオファーを受けた、という部分もあるんです。それくらい、2人には強い友情と信頼感を覚えているんです。

三浦春馬との3年ぶりの共演について
春馬を初めて見たのが地球ゴージャスの舞台。当時「すっげぇ俳優が出てきた!」と思っていたんですけど、その印象は今も全然変わらないですね。落ち着きと茶目っ気を併せ持っているし、責任感も向上心もある! そんな春馬のことが僕は大好きです。

黒木メイサとの共演について
共演してからプライベートでもすごく仲良くしているんですよ。だから、今回は仕事で、しかも制服姿で一緒になるのが、こっ恥ずかしくて! 彼女もプライベートでは「優くん」って呼んでるのに、現場では「城田くん」とか呼ぶし、お互いに「うわっ、気持ち悪っ!」みたいな感じでした(笑)。

克服したいコンプレックスについて
これまで容姿や身長を散々挙げてきたんですけど、今はもう気にならなくなって、「人はそれぞれ違うんだ」と思えるようになったんですよ。ただ、難しいことが理解できない頭の悪さや(笑)、日常生活においてもベッドシーツの干し方ひとつ分からない自分に関しては、「どうなの!?」と思いますね。

「オトナ高校」の見どころ
岩清水はオトナ高校に対し、疑問に思ったことはガンガン言うし、一見すると総理の息子の権力をひけらかす男。でも、そこには彼なりの信念があって、ただただイヤなヤツではないんです。実際、「童貞や処女が恥ずかしいなんて、世の中の風潮に流されてるだけ」というセリフがあるんですけど、僕もまさにそういう考えなんですよ。誰と何をしたいか……という個人の感覚はどの時代も自由であるべき──そういうメッセージが初めて見える回で、英人たちの思いも少し変わってくるので、ぜひご覧ください!

(c)テレビ朝日

最終更新:11/1(水) 19:00
映画ナタリー