ここから本文です

銀シャリ、M-1優勝から約1年で念願“すし”イベント「待ちに待っていた」

11/1(水) 11:15配信

オリコン

 お笑いコンビ・銀シャリが1日、都内で行われた回転ずしチェーン『くら寿司』の新商品発表会に参加。念願かなって“シャリ”イベントに呼ばれた2人は「ようやくくら寿司さんと仕事ができる」と満面の笑みだった。

【写真】かぐや姫衣装で登場した辻希美

 新商品は竹取物語がコンセプトということもあって「かぐや姫」をイメージした衣装がドレスコードに。元モーニング娘。の辻希美がピンクの振り袖姿で登場した一方で銀シャリの2人はギター片手に登壇。鰻和弘は伊勢正三に、橋本直は南こうせつという“かぐや姫”違いのコスプレで、くら寿司関係者も苦笑いだった。

 そんな2人だったが、ついに夢がかなった。昨年12月にM-1グランプリを制して以降、お米に絡んだイベントは呼ばれていたが、すし関係の仕事はなかった。約1年が経過して、ようやく『くら寿司』からオファーが来たという。橋本は「おすしは初。ついに来た」と笑顔で、鰻も「待ちに待っていました」とガッツポーズ。最後は橋本が「漫才師もすしもいいネタが大事ですから」とうまくイベントをまとめていた。

 初めて袴に挑戦した辻は「いつもはママっていう立ち位置なんですけど、きょうは姫。響きがなんかうれしいですね」とにっこり。ただ、年齢を聞かれると「三十路です…。大台です」とぽつり。加齢の実感を問われると「常に骨がボキボキ鳴ります」と苦笑した。また、今年は俳優・杉浦太陽と結婚して10年目という節目の年。「10年経った方が仲良くなりました」と夫婦円満をアピールした。

 新商品は竹をイメージした器に入った竹取物語をモチーフにした「竹姫寿司シリーズ」。第一弾は「いくら」「えびマヨ」「たら白子ジュレポン酢」「ねぎまぐろ」「まぐろユッケ」の5種類で展開する。辻は「見た目がホントにかわいい。インスタ映えする。食べてもボリュームがある」とPRした。

最終更新:11/1(水) 11:52
オリコン