ここから本文です

Amazon「知育・学習玩具大賞」が決定! アナログから未来的ロボットまで受賞おもちゃまとめ

11/1(水) 7:11配信

ギズモード・ジャパン

未来へ羽ばたけ科学の子。

Amazonでは毎年、STEM教育(科学・技術・工学・数学の教育分野)の一貫として、購入者と専門家が選んだ知育・学習玩具大賞を選定しています。2017年度は果たしてどんなオモチャが選ばれたのでしょうか?

【記事の全画像】Amazon「知育・学習玩具大賞」が決定!

受賞したおもちゃたちをチェックしていきましょう!

ローリーズストーリーキューブス 冒険

2017年度の大賞を受賞した「ローリーズストーリーキュブス」は、サイコロを振ってオリジナルの冒険譚を作っていくおもちゃ。出た目によって物語をどんどん発展させていくという、子どもたちの創造力を育てることができるおもちゃですね。大人も一緒になって、ひとつの物語を作ってみるのも楽しいかも?

プリモトイズ キュベット プレイセット

プログラミング部門を受賞した「キュベット プレイセット」は、設置したパネルに従って動く木製のロボットを誘導させるという、プログラミングの基本的な概念を体験できるおもちゃです。まだ文字が読めないちびっ子でも、遊びの中で自然とプログラミングに触れることができますよ。

BOCCO ボッコ

ロボット部門受賞の「BOCCO」はスマホと連動してメッセージを読み上げてくれる、コミュニケーションロボット。振動センサーの他にも鍵センサーなどさまざまなセンサーを付けられて、子どもの帰宅を通知したり、BOCCOにメッセージを読ませたりといった、親子のコミュニケーションをサポートしてくれますよ。

高学年の小学生ピタゴラス

算数・数学部門を受賞した「 高学年の小学生ピタゴラス 」は、誰でもニガテな展開図を実際に見て、触れて体験できるパズル。平面的な教科書の説明だけでは理解しづらい図形でも、実感をもって理解できるようになるりますね。イメージする力を鍛えられるおもちゃです。

グラビティ・メイズ (Gravity Maze)

審査員特別賞を受賞した立体パズル。ボールの出口を予想しながらタワーを組み立て、構造を組み替えていくという、やや複雑なパズルゲームですが、3次元での思考は大人もハマっちゃうかも?

SONY KOOV(クーブ)

ソニーの本格的なプログラミングキット。ブロックにモーターやセンサーを組み合わせてプログラミングをすることで、自分のアイデアを形にできるおもちゃです。やや難しいおもちゃですけど、作りたいという思いを形にして動かすことができるのは特別な体験になるはずですよ。こちらも審査員特別賞を受賞しています。

1/2ページ