ここから本文です

国際派俳優・國村隼、ニホンではありえない!? アバウト香港映画で役者開眼

11/1(水) 12:03配信

dmenu映画

2017年11月4日公開のベルギー・フランス・カナダ合作の映画『KOKORO』に出演している、俳優の國村隼は「海外からオファーをもらえるのは嬉しいこと。映画は完成すると独り歩きして、地球上の色々な人たちに観てもらえるものなんだなぁと改めて実感します」と語る。俳優生活41年、出演作品は250本に迫る勢い。その息の長い活動を支えているのは、日本のシステムとは180度違う異国の地での体験だった。

ないない尽くしの香港映画撮影

國村のフィルモグラフィを眺めると、リドリー・スコット、ジョン・ウー、クエンティン・タランティーノ、ナ・ホンジンら鬼才と呼ばれる海外監督の名前が目につく。映画デビューは井筒和幸監督の『ガキ帝国』(1981年)だが、ハリウッド映画『ブラック・レイン』(1989年)をきっかけに香港でも活躍した、いわば“逆輸入俳優”の先駆けでもある。國村の辞書に“役作り”という文字はない。そのワードをデリートした理由は、20代後半から30代にかけて出演した香港映画界の独特すぎる撮影スタイルにある。

「撮影現場に行って初めてその日に撮影する分の台本をもらうことがほとんどで、その段階で事前に役を固めることなんてできないわけです。しかもセリフに重きを置いておらず、オールアフレコ処理で現場に録音部がいないこともあった。撮影もフレキシブルで現場でのインスピレーションが優先される。段取り重視の日本から見ると非常にいい加減。僕自身も最初は『え!?』と驚きました。だけれどそれで撮影が成立して、自由にやるからこそ面白いものができたりする。それを知ったら、こっちの方がいいのではないか?と思わされた」。

モニターをチェックしない國村メソッド

事前にキャラクターをガチガチに固めて現場で披露するのではなく、重要なのは撮影現場でキャメラとどう関わり、その場で生まれたフィーリングで相手役と、どのようなコミュニケーションをとるか。もちろん、泣き・笑い・怒りというエモーショナルな部分の演技も大切だが、映像の仕事はキャメラ、ライティングなどのテクニカルなことを知って初めて成立するもの。映画作りにおいて、俳優は全体を構成するピースの一つでしかないという。

國村メソッドの一つに“撮影現場ではモニターチェックをしない”というのがある。「初めて組む監督やキャメラマンの場合は、トーンやスタイル、フィーリングを確認するために最初のテイクでチェックしますが、それがわかったら一切モニター画面は見ません。終わったことを役者がいちいち確認する必要はないと思うし、映像作品で大切なのは自分の映りの良し悪しではなく、シーンとしてどうなのかということ。監督がOKだと判断すれば、それがOK。映像とは撮り手とのコラボレーションですから、“自分の映りが悪いからもうワンテイク”なんて役者がジャッジするのは論外です」。

1/2ページ

最終更新:11/20(月) 13:10
dmenu映画