ここから本文です

18番で池に落とさないことが勝負のカギ!? 田村尚之、連覇へ意気込みを語る

2017/11/1(水) 18:51配信

みんなのゴルフダイジェスト

2017年11月2日開幕の男子シニアツアー「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」で2連覇を目指す田村尚之が開幕前日の11月1日、会場となるザ・カントリークラブ・ジャパンで会見に臨み「2016年は無欲の勝利だった。2017年は最終日最終ホールに向けて集中力を高めていきたい」と意気込みを語った。

日本オープン2位! 金谷拓実くんはなにが凄い? 田村尚之プロとの「ラウンド対談」をプレーバック

コースでキーとなるのは「18番」

2013年に49歳でサラリーマンからプロ転向した異色の経歴を持つ田村尚之プロは、2016年に同大会の最終日に首位と6打差の7位タイでスタートし「68」をマーク、初優勝を挙げた。2014年から3位、3位、優勝と相性はいいものの、10年目を迎える2017年度は昨年度から152ヤード延長し、今季シニアツアー最長となる7174ヤードとなる。

「2016年の初勝利は、一生忘れることのできない思い出深いものでした。僕の中でカギとなるのは『18番ホール』。2014年、2015年と池に入れてしまっていて、うまくできていない。2017年は、18番をきっちりバーディで上がりたいですね」(田村)

田村は、開幕前の現時点で賞金ランキング22位。2016年10月に肋軟骨を骨折し、今季は春から夏にかけて飛距離が落ち、夏の重いグリーンにも苦しめられていたが、10月にようやく調子が戻ってきたという。

「夏の重いグリーンでカップに蹴られたりなめられたりして、流れに乗れなかった。速いグリーンが好きなので、ここできっかけを作って上位に入りたい。最終日最終ホールまで集中力を高めていくことで、残りの3試合につなげていきたいですね」と語った。

また、長くアマチュアで活躍しプロ転向した田村は、2017年の日本オープンでアマチュアとしてトップと1打差の2位でフィニッシュした金谷拓実や、2015年にアマチュアで日本女子オープンを制してプロ転向した畑岡奈紗について「ゴルファーとして成功するには必ずどこかで壁に当たる。それを乗り越えるには、ゴルフ以外のこともやってほしい。野球でも勉強でも色々なことに興味を持ってほしい。周りに流されずに、自分のスタイルを持ち続けてほしい」とエールを送った。

1/2ページ