ここから本文です

南北接続後の市内電車運賃 森市長「個人的には200円に」/富山

2017/11/1(水) 22:19配信

チューリップテレビ

 富山地方鉄道の市内電車と富山ライトレールが富山駅でつながった際の運賃について、富山市の森市長は1日の定例会見で「200円にしたい」と述べました。
 現在、富山駅を挟んで北側は岩瀬方面に向かう富山ライトレールが、南側は富山大学や南富山方面に向かう、富山地方鉄道の市内電車が乗り入れています。
 この2つの電車は3年後の2020年の3月ごろに富山駅で接続する予定で、現在、富山市を含めた3者の間で運賃や運行形態について、協議が進められています。
 現在の運賃はどちらも、乗った距離に関わらず大人が200円となっていて富山市の森市長は、南北が接続した後もこの運賃を据え置く方向で、調整していきたいとの見解を明らかにしました。

チューリップテレビ

最終更新:2017/11/1(水) 22:19
チューリップテレビ