ここから本文です

ソフィア・コッポラの最新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』が、2018年2月に日本公開

11/1(水) 22:20配信

ELLEgirl

ソフィア・コッポラ監督が手がけた6作目となる長編映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』が、2018年2月23日より日本公開されることに決定! 舞台は1860年代、南北戦争末期。女たちが慎ましく暮らす閉ざされた女学園に負傷したひとりの男性兵士が、転がり込んでくることで巻き起こる愛憎劇をサスペンスフルに描いている。秩序を重んじる学園長にニコール・キッドマン、純粋な女性教師にキルスティン・ダンスト、蠱惑的な女子生徒にエル・ファニング、負傷兵にコリン・ファレルという超豪華キャスティング。

【写真】大胆な肌見せをするセレブが続出!第70回カンヌ国際映画祭でベストドレッサーを探せ

原作は、トーマス・カリナンが1966年に発表した小説『The Beguiled』。1971年にも、クリント・イーストウッド主演で『白い肌の異常な夜』というタイトルで映画化されているが、ソフィアはリメイクではなくあくまで“女性視点で描いてみたら”という発想で制作したのだそう。

5月のカンヌ国際映画祭では女性として56年ぶり、2人目となる監督賞を受賞したことでも大きな話題を呼んだ。

最終更新:11/1(水) 22:20
ELLEgirl