ここから本文です

20代は“お金”よりもやりたいことを優先するべき?

2017/11/1(水) 12:31配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。10月25日(水)の放送では、スカロケ社員の人生プランやお金にまつわる悩みをサポートするコーナー「人生プランニング部」に、ライフネット生命保険株式会社営業本部 マーケティング部長の岩田慎一さんが登場。

26回目を迎えたこのコーナーも今回で最終回。この日の放送も、リスナー社員から届いたお悩み相談に答えました。

“社会人としてちゃんと働いていますが、薄給で貯金はほぼゼロ。恋人もいません。そろそろここから将来に向けてギアを上げていきたいなと思っています。でも何を優先するべきなのかわかりません。1人暮らしなのでお金が必要……でも、豊かな人生を送るためにプライベートも充実させたい。だけどお金がない……働かなきゃ!の無限ループです。遊びよりも仕事を優先すべきか? それとも仕事より遊びを優先すべきか? 岩田さんは20代の頃どう考えていましたか?”
(千葉県25歳 男性 会社員/RN アリギリスさん)

大学卒業後、東京で1人暮らしを始めて、転職を1回経験し、29歳のときに結婚したという岩田さんは、20代で就職、転職、結婚とライフステージにおける大きな変化を3つ体験したと振り返ります。

今回の相談者と同じように、岩田さんも20代のときは仕事もお金もプライベートもやりたいことでいっぱいだったそうで、お酒がまったく飲めないにもかかわらず、毎晩友人や同僚と飲みに行ったり、新しい仕事に積極的にチャレンジしたりと、とにかくがむしゃらに頑張っていたとか。

私個人の意見として聞いてくださいと前置きしつつ、「やっぱり今しかできないことを優先してチャレンジすることが1番いいと思う」と岩田さんはアドバイス。

これにはやしろ本部長も「仕事も一生懸命やるし、プライベートもお金がないなりにやりたいことがあればどんどんチャレンジするのはとてもいいこと」だと同調します。

また、仕事を引退したらゆっくりと海外旅行でも楽しもうと思っている人も多くいる一方で、体調を崩してしまい旅行に行けなくなってしまった人など、岩田さんはそうしたケースを業務上数多く見てきたそうです。それだけに「お金の問題は人それぞれだと思いますが、仕事もプライベートも、体力や気力がある20代の今だからこそできる強み」だと岩田さん。

さらには、「若さに溢れ新しいチャレンジをする人こそ、万が一の事態を心配する必要がないように、チャレンジに集中できる環境を整えておくといい」とアドバイスしていました。

(TOKYO FM「Skyrocket Company」より)

最終更新:2017/11/1(水) 12:31
TOKYO FM+