ここから本文です

ティーム 世界62位のラッキールーザーに苦戦もパリ初戦突破<男子テニス>

11/1(水) 17:23配信

tennis365.net

ロレックス・パリ・マスターズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は31日、シングルス2回戦が行われ、第5シードのD・ティーム(オーストリア)が世界ランク62位のP・ゴヨブジク(ドイツ)を6-4, 6-7 (3-7), 6-4のフルセットで下し、初戦突破を果たした。

【ナダルらパリ・マスターズ 対戦表】

この日、ティームはラッキールーザーで本戦入りしたゴヨブジクに第2セットを奪われたが、試合を通して13本のサービスエースを叩きつけ2時間6分で勝利。3回戦では、第12シードのK・アンダーソン(南アフリカ)とF・ベルダスコ(スペイン)の勝者と対戦する。

現在24歳のティームは今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で2年連続のベスト4進出を果たすなどクレーシーズンで好成績を残したが、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)からは早期敗退が続き上位進出を逃していた。

また、12日に開幕するNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)には2年連続の出場が決まっている。

同日に行われた2回戦では、第8シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と第10シードのS・クエリー(アメリカ)は初戦で敗退した。

tennis365.net

最終更新:11/1(水) 17:23
tennis365.net