ここから本文です

アルコールが外国語の能力をアップさせる?:ただし飲み過ぎは逆効果

2017/11/1(水) 21:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

・アルコールが私たちの健康と行動に与える影響には、良いものと悪いもの、両方あることが様々な研究で明らかになっている。
・しかし最新の研究で、少量のアルコールが外国語をより流暢に話す自信を与えるかもしれないことが判明した。
・ただし、効果があるのはあくまでも少量で、アルコールの大量摂取はおそらく逆効果になるだろうと研究者は強調している。

【写真付き全文はこちら】アルコールが外国語の能力をアップさせる?:ただし飲み過ぎは逆効果

アルコールには良い面と悪い面がある。適度の飲酒が健康に良いことを示す研究が存在する一方で、マイナス面も十分判明している。例えば、親が酒に酔っていることは(ほろ酔いでも)、子供に悪い影響を与えることが分かっている。

しかし、最新の研究はアルコールに肯定的だ。どうやら2つ以上の言語を話す人にとって、少量の酒の力を借りることは、有益なようだ。

イギリスの学会誌『Journal of Psychopharmacology(精神薬理学)』に掲載されたこの研究は、アルコールが外国語を話す能力を向上させるという通説を検証した。

実験は、オランダのマーストリヒト大学で最近、オランダ語の会話や読み書きを学んだドイツ人学生50人を対象に、少量のアルコールがオランダ語を話す能力に与える影響をテストするというもの。

研究者らはまず被験者を、アルコール入りの飲み物を飲むグループとアルコールの入っていない飲み物を飲むグループに、無作為に分け(飲み物に含まれるアルコールの量は、被験者の身体の大きさによって変えた。体重70キロの男性なら、アルコール度数5%のビールを460ミリリットル飲むよう指示した)、被験者が飲み物を飲んだ後、オランダ語を話すよう求めた。その語学力を、被験者のアルコール摂取の有無を知らされていないオランダ語のネイティブ2人に評価してもらった。

その結果、アルコールを摂取したグループは、もう一方のグループに比べ、ネイティブの2人から有意に高い評価を得た。中でも発音については、2つのグループで評価の差が大きく分かれた。しかし、被験者自身にその評価を尋ねたところ、アルコール摂取の有無による違いはなかった。

「私たちの研究は、アルコールの少量摂取に、最近学習した外国語の発音を向上させる効果がある可能性を示した」と論文の著者の1人で、リバプール大学心理・社会健康学研究所のインゲ・カーズバーゲン(Inge Kersbergen)博士は述べている。「少量のアルコールが第二言語を話す能力を向上させるという通説(特にバイリンガルたちの間で信じられている)をいくらか支持する結果となった」

一方で、この研究チームの一員であるフリッツ・レナ―(Fritz Renner)氏とジェシカ・ワースマン(Jessica Worthmann)氏は、使用されたのはあくまでも少量のアルコールであり、更なる研究の必要があると強調している。なぜなら、アルコールの摂取量が増えれば、記憶力や注意力、適切な行動を取る能力といった認知機能、運動機能を低下させるというのは、有名な話だからだ。

「より多量のアルコールを摂取すれば、外国語の発音に対する有益な効果は見られないかもしれない」とレナー氏は付け加えている。

[原文:Alcohol could improve your ability to speak another language, according to new research]
(翻訳:Yuta Machida)

最終更新:2017/11/1(水) 21:10
BUSINESS INSIDER JAPAN