ここから本文です

屈辱の敗戦から2年、ベルダスコが雪辱果たし初戦突破<男子テニス>

11/1(水) 18:17配信

tennis365.net

ロレックス・パリ・マスターズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は31日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク39位のF・ベルダスコ(スペイン)が同35位で20歳のA・ルブレフ(ロシア)を7-6 (7-1), 7-6 (8-6)のストレートで破り、初戦突破を果たした。

【ベルダスコ 17歳ルブレフに敗れる】

元世界ランク7位のベルダスコは、2015年のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、 ATP500)1回戦で当時17歳のルブレフにストレートで敗れる波乱に見舞われた。

屈辱の敗戦から約2年後となったこの日、今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初の8強入りを果たしたルブレフを1時間49分で退け、リベンジを果たした。

2回戦でベルダスコは、第12シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。

同日には2回戦も行われ、第5シードのD・ティーム(オーストリア)が3回戦進出を決めたが、第8シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と第10シードのS・クエリー(アメリカ)は初戦で敗退した。

tennis365.net

最終更新:11/1(水) 18:17
tennis365.net