ここから本文です

イニエスタはバルサに不可欠、CL第4節オリンピアコス戦では不在の影響が顕著に

2017/11/1(水) 23:00配信

SPORT.es

アンドレス・イニエスタがいないと全てがより難しくなる。2試合続けてイニエスタ抜きで戦ったFCバルセロナだが、2試合目のオリンピアコス戦はイニエスタ不在の影響が顕著に表れていた。これは深刻な問題である。

イニエスタはメッシとともに試合をコントロールするのが最も優れた選手であり、相手に不均衡をもたらせる。アスレティック・ビルバオ戦とオリンピアコス戦において、イニエスタの重要性が再認識され、現在のチームには彼の代役となれる選手がいない。これは現状もそうだが将来的にも大きな問題である。

28日土曜日、サン・マメスでバルサは苦しみながらも勝利を手にしている。メッシの魔法とパウリーニョの活躍もあり、バルサはリーグ戦で勝点3をさらに積み上げている。しかし、31日火曜日に行われたオリンピアコス戦ではアイディアに乏しく、チャンスを生かすことができず、最終的にセットプレーでも相手の守備を崩せないままスコアレスドローで試合を終えている。

バルサは決勝ラウンド進出を決めるために勝利が必要だったが、低調なパフォーマンスゆえにそれを成し遂げることはできなかった。頼みの網であるメッシもアテネでは決定的な仕事ができず、監督バルベルデ率いるバルサは勝点を分け合う形でアテネをあとにしている。

もちろん、決勝ラウンド進出は危機的な状況ではないが、オリンピアコス戦のパフォーマンスは多くを要求されるものであり、今後のバルサには復調が必要不可欠になる。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2017/11/1(水) 23:00
SPORT.es