ここから本文です

中古本25万冊の「TSUTAYA BOOK GARAGE」、大阪・枚方にオープン

2017/11/1(水) 19:30配信

Lmaga.jp

「TSUTAYA」創業の地である大阪・枚方にて、約30年間多くの人々に親しまれた「TSUTAYA ベルパルレ国道1号線店」(大阪府枚方市)がリニューアル。11月1日、TSUTAYAが新たに手がける新コンセプトショップ「TSUTAYA BOOK GARAGE」としてグランドオープンした。

【写真】「おおきにコーヒー」ではコーヒーやミックスジュース、カフェラテなどのほか、焼ドーナツやチーズケーキなども用意

「TSUTAYA BOOK GARAGE」とは、外装・内装含め、アメリカ西海岸をイメージした日本最大級の中古本を核とした複合施設で、昨年7月に1号店として福岡にオープン。今回オープンした「枚方ベルパルレ」店は、全国で2店舗目、関西エリアでは初となる。地域最大級の品揃えを誇る中古本約25万冊と、新刊本約5万冊の合わせて約30万冊がずらりと並ぶ開放感のある「本館」には、ソファが約50席設けられ、座ってじっくりと本を選ぶことができる。

また店内には、大阪の本町と日本橋に店舗を構える「おおきにコーヒー」を併設。ホットコーヒーやミックスジュースが1杯92円(税抜)~と安価で購入でき、本を読みながら1日をゆっくりと過ごせそうだ。

「お客様にとって、同じ本でも中古・新刊で選びやすい環境になっています。TSUTAYAでは珍しく、カウンターが奥にあるのも特徴で、本を買う買わないを気にせず、気軽に立ち寄ってもらえたら」と、店長の山岡さんは話す。本館の隣には、従来のDVD・CD・コミックのレンタル売り場を持つ「レンタル館」があるので、用途によって活用して。営業時間は9:30~25:30。

最終更新:2017/11/1(水) 19:30
Lmaga.jp