ここから本文です

【ビルボード】東方神起の復帰作が総合アルバム首位 ダウンロード1位はハイスタ

11/1(水) 15:40配信

Billboard Japan

 2017年10月30日付の総合アルバム・チャート“Hot Albums”では、東方神起『FINE COLLECTION ~Begin Again~』が総合首位を獲得した。

 東方神起の活動復帰記念アルバムとなる『FINE COLLECTION ~Begin Again~』は、2011年以降に発表されたシングル13作とアルバム4作から選ばれた楽曲に、3曲の再録音源を加えた全40曲を収録。約2年10か月ぶりのリリースということもあり、また本人たちの精力的なメディア露出が話題性を高め、CDを初週累計134,440枚売り上げてこの部門1位、ルックアップでは2位をマークした。配信部門でも2,180ユニットで3位となっており、2位以下を寄せ付けない総合ポイントで“Hot Albums”首位に立っている。

 総合アルバム2位となったのは、嵐の『「untitled」』。リリースから2週目にも関わらず、53,426枚を売り上げてCDセールス2位、ルックアップ1位となり、前週から総合順位1ランクダウンにとどまった。続く総合アルバム3位には、ポルノグラフィティの約2年2か月ぶり、自身通算11枚目のオリジナル・アルバムとなる『BUTTERFLY EFFECT』が初登場。31,176枚を売り上げてCDセールス3位、1,369ユニットでダウンロード7位、ルックアップ5位と、全指標で高ランクを獲得している。

 総合アルバム4位は、倉木麻衣による『名探偵コナン』楽曲を集めたコンピレーション・アルバム『倉木麻衣×名探偵コナン COLLABORATION BEST 21-真実はいつも歌にある!-』。倉木は本作収録の21曲で、“同じアーティストにより歌われたアニメシリーズのテーマソング最多数”のギネス世界記録に認定されている。

 10月4日にCDリリースとなり、3週連続で“Hot Albums”トップ10内を維持していたHi-STANDARD『THE GIFT』は、10月25日よりダウンロード配信をスタートさせ、3,680ユニットで今週この部門1位をマーク。その他、CDセールス12位、ルックアップ3位と、フィジカル部門でも好成績を残し、総合では前週からランクを1つ上げて7位を獲得。4週連続の“Hot Albums”トップ10入りとなった。


◎【Hot Albums】トップ10
1位『FINE COLLECTION ~Begin Again~』東方神起
2位『「untitled」』嵐
3位『BUTTERFLY EFFECT』ポルノグラフィティ
4位『倉木麻衣×名探偵コナン COLLABORATION BEST 21-真実はいつも歌にある!-』倉木麻衣
5位『New Sunrise』Fear,and Loathing in Las Vegas
6位『THE GIFT』Hi-STANDARD
7位『Black & White』ASKA
8位『Paradox』布袋寅泰
9位『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 03』V.A.
10位『THE DREAM QUEST』DREAMS COME TRUE
11位『Rainbow』東山奈央
12位『明日色ワールドエンド』まふまふ
13位『ミュージカル『刀剣乱舞』~三百年の子守唄~』刀剣男士 formation of 三百年
14位『SHINJITERU』ハナレグミ
15位『ザ・ベスト』アリアナ・グランデ
16位『HIT』三浦大知
17位『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ Drama CD & Original Soundtrack 1 -東京聖杯戦争-』V.A.
18位『アンコール』back number
19位『がらくた』桑田佳祐
20位『15YEARS-BEST HIT SELECTION-』globe

最終更新:11/1(水) 15:40
Billboard Japan