ここから本文です

アーケイド・ファイア、ラスベガスに強さと希望を与えたマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノ公演をレポート

11/1(水) 20:15配信

Billboard Japan

 会場となったのは、2017年9月銃乱射事件の現場となったホテル内にあるコンサートホール。入り口にはおびただしい警察官と警備員、そしてX線探査装置が何台も特設され、緊張が漂っていた。

アーケイド・ファイア ライブ写真(全19枚)

 会場のフロアのど真ん中に巨大なボクシング・リングがあり、ここが彼らが立つステージ。リング(ステージ)の頭上には横長のスクリーンが四方にあり、リングの上にはウィン・バトラーがいつも使用しているお立ち台なるものがやはり四方に設置されている。天井の両サイドにある巨大なミラーボールが開演前の場内をディスコに変身させ、さきほどの緊迫した緊張感は一転、アーケイド・ファイアをこの場で観られるという興奮めいた緊張感に変わった。

 ミラーボールの光を残したまま暗転し、観客のどよめきとともにメンバーがスタンド席から誘導されて登場。そのまま観客の中を抜け、リングへと登り、ファンファーレが鳴る中、約10メートルの四方のリングでアーケイド・ファイアのラスベガス・マッチのゴングが鳴った。

 ステージ中央に置かれたドラムセットは自動で回転する仕組みになっていて、それを囲むようにメンバーが四方の立ち位置を交代しながら観客を魅了する。ウィン・バトラーとレジーヌ夫妻がともに手を取り高く上げ観客を煽る。1曲目の「エヴリシング・ナウ」からメンバー全員がハイエナジーで挑み、観客も当然の事ながら大合唱でそれに応えた。

 3曲目の「リベリオン」では、ウィンの弟ウィルがマーチング・ドラムを叩きながらリング外へと飛び出してくる。彼と一緒にリチャード・パリーも応戦。2人は一つのマイクで息ピッタリのコーラス・ワークを披露した。この曲の「不都合な現実から目を背けさせようと真実を隠し綺麗事ばかり並べる人に対して、そんなのは嘘だ、目を覚ませ」と歌うこの曲は、先月のあの忌まわしい事件と、アメリカの銃規制に対する問題に訴えているようであった。

 その後、リングの周りにあったロープが取られると、左右の巨大なミラーボールが目まぐるしく回転しリングの頭上にある照明が垂直にメンバー全員を照らす模様は、光のワープによって宇宙から来た使者が地球に降り立ったかのよう。メンバーのハイエナジーなパフォーマンスとサプライズは何度も繰り返された。

 アンコールの「ウイ・ドント・デザーブ・ラブ」では、ウィンがステージを降り観客の中へ行き、フロアの真ん中で観客とともに歌い、レジーヌはテーブルの上に置かれたワインやウィスキーの空き瓶を使ってパーカッションをし、ライブはクライマックスに。

 ラストは『エヴリシング・ナウ』からの「ウェイク・アップ」。頭上のライトがメンバーをイエローに照らし、観客のベガス・ストロングの歓声と割れんばかりのシンガロングとともに締めくくった。観客は曲が終わってもなお歌い続け、このまま終わらないで欲しいと誰もが願った瞬間、演奏を終えたメンバーがリングを降り観客の元に。演奏しながら観客の渦の中へ。メンバーは森の楽団のように観客の中でともに歌い、そのまま観客の歌声を背にバックステージへと消えて行った。

 アンコール含めて合計22曲。約2時間半の“アンタッチャブル”その全てが終始サプライズと幸福感に溢れたステージで、アーケイド・ファイアの力強く圧倒的なパフォーマンス。「ウェイク・アップ」の歌詞にあるように 「I guess we’ll just have to adjust(僕たちが変えていかなきゃダメなんだ)」とウィンが何度も唱えたことは、ラスベガスの観客の心に強さを与えたのだった。

 会場を退場する観客たちは、「ウェイク・アップ」の掛け声の部分を何度も歌いながら、知らないもの同士が抱き合ったり、肩を組んだりしている光景は今宵一番の輝かしい瞬間であった。


Photo & Text:ERINA UEMURA
 
◎2017年10月22日 Mandalay Bay Las Vegasセットリスト
1. Everything Now
2. Signs of Life
3. Rebellion (Lies)
4. Here Comes the Night Time
5. Keep the Car Running
6. No Cars Go
7. Electric Blue
8. Put Your Money on Me
9. Neon Bible
10. Neighborhood #1(Tunnels)
11. Crown of Love
12. The Suburbs
13. The Suburbs (Continued)
14. Ready to Start
15. Sprawl II (Mountains Beyond Mountains)
16. Reflektor
17. Afterlife
18. Creature Comfort
19. Neighborhood #3 (Power Out)
Encore
20. We Don’t Deserve Love
21. Everything Now (Continued)
22. Wake Up

◎リリース情報
『エヴリシング・ナウ』
アーケイド・ファイア
2017/07/28 RELEASE
2,400円(plus tax)

最終更新:11/1(水) 20:15
Billboard Japan