ここから本文です

オリックス・宮内オーナーの溢れるチーム愛

2017/11/1(水) 12:13配信

ベースボールキング

どら増田のオリ熱魂!第20回・宮内義彦オーナー

 10月18日、都内にあるオリックス東京本社を福良淳一監督が訪ね、毎年恒例となっている宮内義彦オーナーへのシーズン報告と記者会見が行われた。

 シーズン中、試合を観戦した宮内オーナーが球場を後にする際にコメントを残すことはあっても、オーナーの話をじっくり聞けるのは、監督との会談後に行われるこの記者会見しかない。

福良体制へ

 この取材を行うのは3年目になるが、1年目は福良監督が監督代行から監督への就任が発表された直後とあって、就任の挨拶も兼ねたシーズン報告だった。

 2014年に熾烈な首位争いを繰り広げ、オフにはエース金子千尋の残留を含めた大型補強を断行。万全を期して臨んだ2015年シーズンは、怪我人の多発などもあり、5月末の時点で借金が15にまで膨らむと、当時の森脇浩司監督が責任を取る形で休養を表明した。

 その後、ヘッドコーチを務めていた福良監督代行がシーズンの残り試合で指揮を執り、一時は上昇の機運もあったが、チームはまさかの5位。シーズン終了直前に球団は、新シーズンを福良監督、田口壮2軍監督という新体制で迎えることを決定した。

 さぞかしご機嫌斜めかと思われたが、会見の宮内オーナーは非常に穏やかな口調で、常に笑みを浮かべながら話していたことを覚えている。

「時間をかけてでも自力のあるチームを作っていきたい」

 チームはブルーウェーブ時代の96年を最後に優勝から遠ざかっており、この間には大きな批判を浴びながらも近鉄との球団統合を実現させるために尽力もした。本音としては、優勝候補筆頭とまで言われた2015年は最低でもAクラスを思い描いていたに違いない。

 しかし、会見後に行われた囲み取材で福良監督が、「選手を育てるには時間がかかるでしょうと仰っていた」と振り返ったことからも、宮内オーナーが目先の優勝ではなく、長期的に強いチームの構築を新体制に託していたことが伺える。

最悪の結果に終わった2016年

 この会見で語っていたことを裏付けるかのように、翌年の開幕直前に行われた激励会で宮内オーナーは「今年は最低でもAクラスに入ってもらいたい」と語り、優勝という言葉は使わなかった。ところが、2016年は最下位という最悪な結末を迎える。

 この年のシーズン報告の会見では、穏やかな口調で「済んだことは仕方ない」と前置きをしながらも、最下位に終わったこともあり前年とは違って厳しい言葉が続いた。

「最下位なので評価はしません」
「負けてたまるか!という凄い執念を持ってもらいたい」
「意外な人が投打で2人ずつ出てこないと優勝できない」
「野球に対してもっと賢くなってもらいたい」
「プロ野球というのは3勝2敗(のペース)でいくと優勝、2勝3敗(のペース)だとビリ(最下位)になる」

 福良監督とは会談時に2人で主力の全選手について個別にシーズンの総括を行ったそうで、会談時間は約40分にも及んだ。

1/2ページ

最終更新:2017/11/1(水) 12:30
ベースボールキング