ここから本文です

レッドブルF1、2019年以降のパワーユニットは来春決定「ホンダの進歩を見守っていく」

11/1(水) 17:10配信

オートスポーツweb

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年にどのマニュファクチャラーのF1パワーユニットを搭載するかは現時点では全く決まっていないとして、来年初夏までには決断を下す予定であると語った。

2018年にホンダパワーユニットを搭載するトロロッソ

 レッドブルは2018年シーズンも引き続きルノー製パワーユニットを搭載するが、ルノーとの契約は来シーズンいっぱいで終了するものとみられている。姉妹チームのトロロッソは来年ルノーからホンダにスイッチするため、レッドブルは自身のホンダとのパートナーシップも視野に入れ、ホンダのパワーユニットの進歩やパフォーマンスを真剣に見守っていくことになるはずだ。

 現段階では、レッドブルの2019年のパワーユニットプランについては白紙だと、ホーナーは語った。

 Formula1.comのインタビューにおいて、2019年と2020年にはどこのエンジンを積むのかと聞かれたホーナーは、「2019年についてはまったくの白紙だ。何も決まっていない」と答えた。
「来年の春から初夏の頃に決定するつもりだ」

 トロロッソをテストベッドにして、ホンダへのスイッチが選択肢になり得るかを見ていくのかという問いに対して、2019年のパワーユニットを決定するまで、トロロッソを通じてホンダの状況を見ていくとホーナーは認めた。

「ホンダが引き続きF1に残るのは素晴らしいことだ。トロロッソは、ワークスチームになる。非常にいい契約を結んだ」

「来年春に我々は将来搭載するエンジンを決めなければならない。(トロロッソとホンダの契約は)レッドブル・グループ全体にとって、決断する前にホンダの進歩を見ていく良い機会になる」

[オートスポーツweb ]