ここから本文です

BTCCのシビック使い、ゴードン・シェドンがハフの代役でTCRインター初参戦

11/1(水) 16:36配信

オートスポーツweb

 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権で3度のタイトル獲得経験を持つ大ベテラン、ゴードン・シェドンが、TCRインターナショナル・シリーズの最終戦となるドバイ・ラウンドで、レパード・レーシングのフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRをドライブすることが決定。初のTCR参戦を果たすこととなった。

【写真】現在38歳のゴードン・シェドンはBTCC12シーズンで8度の選手権トップ3を記録

 BTCC通算48勝を誇るツーリングカーの名手シェドンは、ベルギーに拠点を置くチームWRTの運営するレパード・レーシングに加入。今季ここまでレギュラーを務めてきた元WTCC世界ツーリングカー選手権王者、ロブ・ハフの代役としてTCRデビューを果たす。

 この最終戦ドバイを欠場するロブ・ハフは、同じ週末に開催されるマカオ・ギアレースに参戦予定で、フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR73号車のステアリングを握るシェドンには、チームメイトであるジャン-カール・ベルネイのタイトル獲得をアシストするという、重要な使命が託された。

 ベルネイはM1RAのホンダ・シビック・タイプR TCRをドライブするアッティラ・タッシに対し、21ポイントのリードを保ってドバイ・オートドロームに乗り込むことになるが、そのアシスト役としてドバイに向かうことに対し、シェドンも「本当に楽しみにしている」と抱負を語った。

「僕自身も国際的なツーリングカーレースで戦ってきたし、考えてみればこうしたインターナショナル格式のイベントに出るのはマカオ以来かもしれないから、とてもワクワクしてるんだ」とシェドン。

「TCRでフォルクスワーゲンをドライブするのは本当に素晴らしい体験になるだろうし、レパード・レーシングとジャン-カール(・ベルネイ)がドバイでタイトルを獲得する手助けができるよう、全力を尽くしたい。この機会を与えてくれたチームと、ロブ(・ハフ)に改めてお礼を言いたい」

 自身の今季最終戦となった中国ラウンドで勝利を挙げていたハフもまた、スケジュールの都合上、チームと最終戦を戦えないことがわかっていたため、その代役探しに「充分な時間を割いて熟考を重ねてきた」と語った。

「その最終戦の現場にいられず、彼らと戦えないことが本当に残念だけれど、WTCCとのバッティングが明らかになってからすぐドライバー探しを始めたんだ。そして僕が一番の候補に挙げたのが“フラッシュ”(シェドンの愛称)だった。彼はレパード・レーシングにとっても完璧な存在だと思うよ」とハフ。

「もちろん、彼は速いドライバーであるだけでなく、偉大なチームプレイヤーだ。彼とマット・ニールが長年、BTCCのチーム・ダイナミクスでともに戦ってきた姿を見れば、それは一目瞭然だろう。彼はうまくチームにフィットして、すぐにゴルフの潜在能力を引き出すだろうし、そのサポートでJKがタイトルを獲得するだろうと確信しているよ」

[オートスポーツweb ]