ここから本文です

歌舞伎役者が演技指南 小松・安宅中生に

11/1(水) 1:58配信

北國新聞社

 歌舞伎役者の四代市川新十郎さんが31日、小松市安宅中を訪れ、6日の中学校古典教室で歌舞伎「勧進帳」を上演する3年生を指導した。プロから所作などを教わった生徒は間近に迫った本番へ意識を高めた。

 新十郎さんは2013年2月に亡くなった十二代市川團十郎さんの弟子となる。市川一門は歌舞伎発展のため小松をたびたび訪れ、子供役者を手ほどきするなど小松とゆかりが深い。

 新十郎さんは所作や姿勢、発音、衣装の着付けなどを細かく指導した。

 1日の練習にも立ち会う。

 古典教室は6日、同市の県こまつ芸術劇場うららで開かれ、生徒は5日にも同劇場で催される安宅中創立40周年記念公演でも演じる。

北國新聞社

最終更新:11/1(水) 1:58
北國新聞社