ここから本文です

校庭のブランコ新調 七尾・田鶴浜小、住民が費用工面

11/1(水) 1:58配信

北國新聞社

 七尾市田鶴浜小の校庭のブランコが13年ぶりに新調された。老朽化のため8月に撤去されたブランコの代わりとして、住民らが設置費用を工面した。31日に同校で開かれた設置記念式典では、住民や全校児童約250人が、真新しい遊具の完成を祝った。

 2004年に同校が旧相馬、金ケ崎両小と統合する際、両校にあった3連ブランコ2基を田鶴浜小に移設して使い続けていた。支柱の腐食やボルトの緩みなどが目立っていため、田鶴浜小が8月に撤去した。

 新しいブランコは4連1基で、結成10周年を迎えた田鶴浜ライオンズクラブと、同校PTA、田鶴浜地方史の会が計約60万円を同校に寄贈して設置された。式典では、児童代表の柿島夏海さん(6年)が「大切に使っていきます」と感謝を伝えた。

北國新聞社

最終更新:11/1(水) 1:58
北國新聞社