ここから本文です

ハグ&キス、セルフィーまで…メッシがCLで2度のハプニングに遭遇

11/1(水) 12:40配信

SOCCER KING

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が10月31日に行われ、バルセロナは敵地でオリンピアコスと対戦。19本のシュートを放ったもののゴールを奪えず、スコアレスドローに終わった。思わぬ苦戦を強いられた中、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシも2度のハプニングに見舞われていたようだ。同日付の『アス』など、スペイン各紙が伝えている。

 最初のハプニングは前半途中、メッシがコーナーキックを蹴るためにコーナーフラッグに向かっている際に起こった。1人の青年がピッチに乱入すると、同選手のもとに直行。ハグを交わすと、右頬にキスまでした。この間、スタジアムの警備員は制止に動かず。青年が自分の足でスタンドに戻ると、何事もなかったかのように試合は再開した。

 さらに終盤にも、再びハプニングが発生。別の男性がピッチに乱入すると、彼もまたメッシのもとに向かったのだ。左手にスマートフォンを持っていた男性は、大胆にも同選手との“セルフィー(自撮り)”を敢行。この時ばかりは駆けつけた警備員に取り押さえられたが、スーパースターとの記念撮影にまんまと成功している。

 9月27日に行われたグループステージ第2節のスポルティング戦でも、ピッチに乱入した少年から左足のスパイクにキスされるというハプニングに遭遇したメッシ。試合の中断を余儀なくされるファンのこうした行為は決して褒められたものではなく、セキュリティの緩さに対しては批判の声も挙がっているが、同選手が今もなお憧れの存在であることを裏付ける出来事だと言えそうだ。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:11/1(水) 12:40
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合