ここから本文です

ローマが逆転首位浮上!!エル・シャーラウィの電撃弾などでチェルシーに3発快勝

11/1(水) 6:36配信

ゲキサカ

[10.31 欧州CLグループリーグ第4節 ローマ3-0チェルシー]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は10月31日にグループリーグ第4節1日目を開催した。グループCではcローマ(イタリア)がチェルシー(イングランド)を3-0で撃破。勝ち点を8に伸ばし、同7のチェルシーをかわして首位に浮上した。

 試合はいきなり動いた。ローマは左サイドからDFアレクサンダル・コラロブがクロスを上げると、FWエディン・ジェコが頭でバイタル中央に落とす。ここに走り込んだFWステファン・エル・シャーラウィが右足ダイレクトの豪快弾を蹴り込み、先制に成功。開始39秒の電撃弾だった。

 その後はMFエデン・アザールを中心にゴールに迫られたローマだが、耐えて守ると、迎えた前半36分、MFラジャ・ナインゴランが左から上げたアーリークロスに対し、斜めに走り込んだエル・シャーラウィがワンタッチでコースを変えて流し込み、リードを2点に広げた。

 さらに余裕を持った戦いを続けるローマは後半18分、ドリブルで持ち込んだFWディエゴ・ペロッティが豪快なミドルシュートを決めて3-0。守っても前回、ロンドンでの同対戦で喫した3失点(△3-3)以降、リーグ戦で無失点を続ける固い守備陣が最後まで集中。公式戦4試合連続の無失点を飾り、快勝した。

 一方のチェルシーは今大会初黒星。前節はアントニオ・コンテ監督が率いるチームが欧州CLで初めて3失点を喫したことで話題となったが、まさかの連続3失点で完敗。首位の座を明け渡すことになった。国内では11月6日にマンチェスター・ユナイテッドとのリーグ戦を控えるが、影響が出そうな敗戦となってしまった。

最終更新:11/1(水) 6:36
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合