ここから本文です

バイエルンがGL突破!!ハビ・マルティネスV弾でセルティックに辛勝

11/1(水) 6:40配信

ゲキサカ

[10.31 欧州CLグループリーグ第4節 セルティック1-2バイエルン]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は31日、グループリーグ第4節1日目を行い、バイエルン(ドイツ)は敵地でセルティック(スコットランド)と対戦し、2-1で勝利した。B組2位のバイエルンは勝ち点を9に伸ばし、他会場の結果により2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。

 ホームのセルティックはスコットランドで“無双”。今季も開幕から11試合無敗、国内リーグ戦の無敗記録を「62」に伸ばしている。
 バイエルンは第3節でホームに迎えたセルティックを3-0で撃破。長期離脱中のGKマヌエル・ノイアー、MFフランク・リベリらに加え、28日のブンデス第10節ライプツィヒ戦でハムストリングに違和感を訴えたFWロベルト・レワンドフスキも温存し、遠征メンバー外となった。

 キックオフ前から本拠地サポーターの大歓声を受けたセルティックが前半5分、ファーストチャンス。ドリブルで右からカットインしたMFジェームス・フォレストがエリア内に進入し、浮き球のクロス。PA内左のMFスチュアート・アームストロングが合わせたが、ゴール左に外れた。

 バイエルンはなかなか攻撃がかみ合わず、相手の出足鋭いプレスとカウンターに翻弄される展開が続く。セルティックは前半15分、1トップのFWムサ・デンベレが1対1からDFイェロメ・ボアテングのマークを外して左足を振り抜いたが、これも枠を捉えられなかった。

 押し込まれる時間帯に耐えたバイエルンは前半22分、相手の連携ミスを突いて試合を動かした。GKスベン・ウルライヒのロングキック1本で裏を取ったMFキングスレー・コマンが前を向くと、飛び出してきたGKをトラップでかわし、相手DF3人を振り切って冷静に左足シュートを流し込んだ。

 1-0とスコアを動かしたバイエルンだが、その後も1トップのFWハメス・ロドリゲスにいい形でパスが入らず、なかなか攻撃が機能しない。対するセルティックは1点ビハインドで迎えた後半3分、フォレストが右から鋭く切れ込んでパスを出し、アームストロングがペナルティーアーク内から右足ミドル。決定的な形だったが、GKが横っ飛びでビッグセーブを見せた。

 劣勢だったバイエルンも徐々に攻撃のリズムをつかみ、後半23分、コマン、MFコランタン・トリッソとつなぎ、ハメスにラストパス。PA内左のハメスがフェイントでDFをかわし、決定的な左足シュートを放ったが、足をぶつけたGKのファインセーブに阻まれた。

 拮抗した展開が続いたが、後半29分、セルティックがついに猛攻を実らせる。積極的な仕掛けからフォレストが守備網の間を通す絶妙なスルーパス。裏のスペースに抜け出したMFカラム・マグレガーが左足シュートでGKの股間を抜き、試合を振り出しに戻した。

 ここまで劣勢だったバイエルンもすぐさま反撃に出る。その3分後の後半32分、コマンのスルーパスに反応したハメスがPA内左のライン際からクロス。DFハビ・マルティネスが強烈ヘッドで叩き込み、勝ち越しに成功。そのままバイエルンが2-1で逃げ切り、グループリーグ突破を決めた。

最終更新:11/1(水) 7:25
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合