ここから本文です

百度・李CEO「完全自動運転車が来年から走る」

11/1(水) 20:35配信

CNS(China News Service)

【CNS】「百度は中国最大のバス車両メーカー金龍客車(King Long Buses)と手を組み、来年には小規模な量産を展開する。まずは指定区域で試験運営を行う。もちろん完全自動運転の自動車だ」。百度(Baidu)の李彦宏(Robin Li)CEOは18日、米紙ウォール・ストリート・ ジャーナル(WSJ)主催の国際ハイテク会議「WSJDライブ(WSJ.D Live)」でこう語った。

 また、「現在の人工知能(AI)技術の発展の勢いから見ても、自動運転は巨大な可能性を秘めている。交通の未来には、必然の領域であると言える」とも話した。

 百度は金龍客車以外にも、中国自動車メーカーの北京汽車(Beijing Automobile Works)と提携している。百度は自動運転技術を提供し、北京汽車は設備機器の生産を請け負う。2019年には自動運転技術「レベル3」の自動運転自動車の量産を、2021年には「レベル4」の量産をスタートする計画だという。

 百度が公開している「アポロ(Apollo)」は世界でも最大級の自動運転のプラットフォーム。知能と安全性を併せ持った無人自動車が、近い将来自家用車や、バス、タクシー、トラックなどに利用される日も来るかもしれない。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。