ここから本文です

「富士通テン株式会社」、資本構成が変わり社名を「株式会社デンソーテン」に変更

11/1(水) 15:45配信

carview!

富士通テン株式会社は、11月1日付けで資本構成および役員人事の変更を行い、合わせて社名を「株式会社デンソーテン」(英文表記:DENSO TEN Limited)に変更した。

【拡大写真を見る】

今回の変更は、同社の株主である、株式会社デンソー、富士通株式会社、トヨタ自動車株式会社より、2016年9月9日に発表した「富士通テン株式会社の資本構成の変更に向けた検討に関する基本合意」に基づき実施した。

■資本構成(変更前|変更後)
・株式会社デンソー(10%|51%)
・富士通株式会社(55%|14%)
・トヨタ自動車株式会社(35%|35%)

同社は、1920年に創立した川西機械製作所に始まり、1949年に設立した神戸工業株式会社を前身とし、1968年に富士通株式会社と合併した後、1972年に富士通のラジオ部門が分離・独立して富士通テン株式会社として設立された。

以来、カーエレクトロニクスメーカーとして様々な製品・サービスの提供を行い、今後はデンソーグループの一員として車載ECU(Electronic Control Unit:電子制御装置)やミリ波レーダー、高度運転支援・自動運転技術および電子基盤技術などの開発を強化していく予定となっている。

■テンの由来
社名の語源となる「テン」は、最高・至上を意味する「天」のことであり、中国古典の「中庸」に「誠は天の道なり。これを誠にするは人の道なり。」という一節より引用している。「誠」を企業経営の基本理念として、前身の「川西機械製作所」「神戸工業」以来「天」「テン」「TEN」が商標として使われている。

画像1:新ロゴマーク
画像2:デンソーテン 代表取締役社長 岩田 悟志(いわた さとし)氏

株式会社カービュー

最終更新:11/1(水) 15:45
carview!