ここから本文です

ヤマハ、2年ぶり増収 中国で楽器堅調 17年9月中間

11/2(木) 7:55配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 ヤマハが1日発表した2017年9月中間連結決算は、中国を中心に売り上げを伸ばした楽器事業などが堅調で、2年ぶりの増収となった。

 中間決算の売上高は前年同期比5・3%増の2098億円。経常利益は1・0%増の247億2700万円。前年同期に繰り延べ税金資産136億円を計上していたため、純利益は27・8%減の196億3700万円だった。

 楽器事業の売上高は4・4%増の1342億円。中国でのアコースティックピアノとデジタルピアノの売り上げは16%増で、全体をけん引した。中国では管楽器やギターも販売が好調という。

 一方、北米の量販店などでの在庫量が予想以上だったことや、欧州や中国での販売に追加的な費用が生じたことで、営業利益は11・5%減となった。同社はいずれも影響は一時的とみている。

 音響機器事業の売上高は8・6%増の576億円だった。オーディオ機器が全体として堅調に推移し、PA機器も新興国での販売が好調だった。

静岡新聞社