ここから本文です

【南関東競馬】ハセノパイロ 重賞初V 本田重も絶賛「将来が楽しみ」

2017/11/2(木) 6:03配信

デイリースポーツ

 「ハイセイコー記念・S2」(1日、大井)

 3番人気のハセノパイロが向正面から徐々に進出し、直線で力強く抜け出して重賞初制覇。2着は1番人気のクレセントシティー、3着は7番人気のトーセンブルが入った。2番人気のクロスケは5着に終わった。

 初めての大井コース、初の右回りも全く問題なかった。ハセノパイロが理想的な正攻法の競馬で重賞初制覇だ。レースはサンダーマックスがハナを主張して、1番人気のクレセントシティーが2番手。6番手につけたハセノパイロは3コーナー過ぎからポジションを上げていき、直線ではいったん先頭に立ったクレセントシティーを目標に末脚を伸ばす。最後はきっちり抜け出して快勝。本田重は「何の不安もなかった。操縦性が高い馬で、将来が楽しみ」と絶賛した。

 見届けた佐藤賢師も「調教で右回りもやっていたので心配していなかった。競馬センスがあるし、期待通りに走ってくれた」と高く評価。これで全日本2歳優駿(12月13日・川崎)の優先出走権を獲得したが、「あくまで馬の状態と相談して」と同師は慎重に判断する考え。今年の東京ダービー馬・ヒガシウィルウィンに続くスター候補が、また佐藤賢厩舎に誕生した。

最終更新:2017/11/2(木) 7:29
デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ