ここから本文です

映像化の歴史がまた1ページ 「銀河英雄伝説」3部作で実写映像化!

2017/11/2(木) 11:11配信

ねとらぼ

 田中芳樹さんのSF小説『銀河英雄伝説』が、中国の映像制作会社「稼軒環球映画会社」により3部作の実写として映像化されることが公式サイト上で発表されました。第1作の公開は2020年を予定しています。

【画像:2018年4月放送の新アニメ「銀河英雄伝説」】

 未来の銀河系を舞台に、専制君主制の「銀河帝国」と民主共和制を掲げる「自由惑星同盟」、銀河帝国の自治領ながら経済国家として両陣営に関わる「フェザーン自治領」の三者が絡み合う壮大なストーリーが人気の同作。これまで、劇場用長篇作品やOVA(本伝110話、外伝52話、長篇作品3本)など映像化されてきましたが、実写を手掛けるのは、中国の大手企業グループ傘下にある稼軒環球映画。

 総裁の銭重遠さんは20年来の『銀河英雄伝説』ファンで、「『銀河英雄伝説』の映像化は、自分が若いころの夢であり、いまは大変興奮している。『銀英伝』を知っている人はもちろん、まだ知らない人たちにも『銀英伝』の魅力が伝わるような作品に仕上げていきたい」と実写映像化への情熱を語りました。

 また、先日、一部ネットメディアで『銀河英雄伝説』のポスター風の画像が取り上げられたことについては、「あくまでも社内用の検討資料が流出してしまったもので、田中先生をはじめ関係各所に大きなご迷惑をお掛けしてしまった。公開にあたってはさらに力を入れたビジュアルをお見せする」としています。

 原作者の田中芳樹さんは今回の映像化について、「自分の書く小説作品は、実写映像化が不可能だとばかり思っていました。今回、このようなかたちで実写映像化が進み出したことで、より多くの皆さんに『銀河英雄伝説』を知って頂くことができると思います。私自身もひとりの観客として、完成を楽しみにしています」と語っています。

 なお、キャストはまだ明かされていませんが、田中さんの事務所らいとすたっふ代表の安達裕章さんはTwitterで「登場人物も全員中国人なんですか? という質問が来たけど、そんなことないから(笑)。先方から見せられた『このキャラはこの人にお願いしたい』リストを見て、『ぐぅ…。やはり予算があると違うわ』と思った私」とツイートしており、潤沢な予算での制作体制となっていることがうかがえます。

最終更新:2017/11/2(木) 15:36
ねとらぼ