ここから本文です

ナダル 年間世界ランク1位確定、初の30代年間王者に<男子テニス>

2017/11/2(木) 0:29配信

tennis365.net

ロレックス・パリ・マスターズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は1日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク55位のチョン・ヒョン(韓国)に7-5, 6-3のストレートで勝利。この結果、ナダルは4年ぶり4度目の年間王者確定で、1973年にATP世界ランキングが創設されて以来初となる30代の年間ナンバーワン選手となった。

【ナダルらパリ・マスターズ対戦表】

今大会のシード勢は1回戦免除のため、この試合が初戦となったナダルはこの日、チョンの的確なショットに押されて先にブレークを許すも、その後3度のブレークに成功して第1セットを先取。その後、第2セットでも接戦となったが、21歳の若手チョンを振り切り、勝利を手にした。

続く3回戦では、P・クエバスと対戦する。クエバスは、同日の2回戦で第15シードのA・ラモス=ヴィノラスを下しての勝ち上がり。

31歳のナダルは今季、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を含む6大会でタイトルを獲得。

8月15日付の世界ランキングで、2014年7月以来 約3年ぶりに1位へ返り咲いた。

これまでナダルは、2008・2010・2013年に年間王者でシーズンを締めくくっており、今回でN・ジョコビッチ(セルビア)、I・レンドル(アメリカ)、J・マッケンロー(アメリカ)に並ぶ4度目。

最多年間ナンバーワンはP・サンプラス(アメリカ)の6度、次にJ・コナーズ(アメリカ)とR・フェデラー(スイス)の5度となっている。

昨年は、A・マレー(英国)が初の年間世界ランク1位を記録し、N・ジョコビッチの3年連続年間1位を阻止した。

tennis365.net

最終更新:2017/11/2(木) 1:23
tennis365.net