ここから本文です

アンダーソン 逆転許し初戦敗退、最終戦出場の可能性途絶える<男子テニス>

11/2(木) 8:01配信

tennis365.net

ロレックス・パリ・マスターズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は1日、シングルス2回戦が行われ、第12シードのK・アンダーソン(南アフリカ)は世界ランク39位のF・ベルダスコ(スペイン)に7-5, 4-6, 5-7の逆転を許し、初戦敗退となった。

【ナダルらパリ・マスターズ対戦表】

この日、第1セットを先取したアンダーソンだったが、続く第2セット以降は1度もブレークすることが出来ず、2時間24分で敗れた。

12日に開幕するNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)出場をかけた最終戦ランキングで12位に位置していたアンダーソンは、初出場の可能性が残されていたが、敗れたことで出場枠争奪戦から離脱となった。

世界ランク16位のアンダーソンは今季、8月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初の決勝進出を果たし、R・ナダル(スペイン)に敗れるも準優勝を果たした。

また、残り2枠となったNitto ATPファイナルズは、ナダル、R・フェデラー(スイス)、A・ズベレフ(ドイツ)、D・ティーム(オーストリア)、M・チリッチ(クロアチア)、G・ディミトロフ(ブルガリア)の出場が確定している。

tennis365.net

最終更新:11/2(木) 8:01
tennis365.net