ここから本文です

C・ロナウド SNSフォロワー数世界1位、ジャスティン・ビーバーを超える

2017/11/3(金) 8:00配信

SPORT.es

『Apple Tree Communications』の調査によれば、クリスティアーノ・ロナウドがフェイスブック、インスタグラム、ツイッターのフォロワー数で世界一となっており、その数は2億9,700万人にのぼる。

なお、2位以下は歌手ジャスティン・ビーバー(2億7,300万人)、歌手テイラー・スウィフト(2億6,200万人)と続いている。

ヨーロッパ国籍で最もフォロワーが多い25人にはスペイン人サッカー選手のアンドレス・イニエスタ、セルヒオ・ブスケツ、ジェラール・ピケ、イケル・カシージャスが入っている。

なお、調査によれば、全体の上位25人は、64%が女性であり、76%がアメリカ人であり、81%が音楽業界の著名人である。しかし、クリスティアーノ・ロナウドはそのどれにも当てはまっていない。

■効果
しかしながら、ソーシャルインタラクション(エンゲージメント)についてのランキングは大きく変わる。最も多くのエンゲージメントをSNSで得ているのはカーダシアン一家の1人であるカイリー・ジェンナーであり、フォロワー数では23位であるものの、その効果は2%である。エンゲージメントの上位5人はセリーナ・ゴメス(1.71%)、ネイマール(1.39%)、クリスティアーノ・ロナウド(1.38%)、前アメリカ大統領バラク・オバマ(1.36%)が入っている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2017/11/3(金) 8:00
SPORT.es