ここから本文です

浦安の舞 厳かに 氷見・柳田布尾山古墳まつり

11/3(金) 21:59配信

北日本新聞

 氷見市の柳田布尾山古墳まつりが3日、同古墳公園で開かれた。来場者は多彩な催しを通じて古代のロマンに触れた。

 同古墳は1998年に発見され、当時日本海側最大の前方後方墳として注目された。一帯が公園に整備された2006年から毎年まつりを開き12回目。

 まつり実行委の森節子代表が「来年の発見20年に向けて内容を考えていきたい」とあいさつ。林正之市長、野畑圭造柳田区長も言葉を贈った。地元・窪小学校5年の正力未悠さんと森寺琉衣さん、6年の今井咲良さんと林心愛さんが、平和を願う思いを込めた浦安の舞を奉納した。

 茶席や勾玉(まがたま)作り・火おこしの体験コーナーが設けられ、お宝探しやクイズラリーもあり、大勢の住民が楽しんだ。

北日本新聞社

最終更新:11/3(金) 21:59
北日本新聞