ここから本文です

部屋から女性6人の身元の手がかり

11/4(土) 19:00配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

神奈川・座間市のアパートから、切断された男女9人の遺体が見つかった事件で、警視庁が男の部屋から、キャッシュカードなど、身元特定につながるものを発見するなど、女性6人の、身元特定の手がかりをつかんでいることがわかった。
死体遺棄の疑いで逮捕された、白石隆浩容疑者(27)の部屋から見つかった、9人の遺体については、依然として身元は特定されていないが、警視庁の捜索で、部屋からキャッシュカードや身分証明書、女性の衣服や靴など、被害者の身元特定につながるものが見つかったという。
また、警視庁は、白石容疑者の携帯電話のSNSのやり取りも解析していて、これまで被害者9人のうち、女性6人の身元判明の手がかりをつかんでいることがわかった。
しかし、ほかの被害者については難航しているという。
部屋からは、9人分の頭部など、およそ240本の骨が見つかっていて、調べに対して白石容疑者は、「そいだ肉や細かい骨などは、新聞紙に包んでごみとして捨てた。自宅ではなく、近所のごみ集積所に捨てた」と供述している。

最終更新:11/4(土) 19:00
ホウドウキョク